2011年6月10日 (金曜日)

社長という人

『社長』
ひとくちに言っても、色んなタイプの方がいます。
業界によっても、また、年代によっても、そのタイプは様々。

前職は、こう言ってはなんですが、完全なワンマン。
社長が黒いと言えば、すべては黒になる状況でした。
でも、その不思議なまでの魅力と、あふれ出るパワー、
そして、周りの人間が(社会が)追いつけないほどの先見性は、
誰もが認める「スーパーマン」でした。
会社の中で、色んな不満があっても、
社長に対する不満というのは、ほとんど聞かなかった。

私が前職を辞めたいと思った、その直接的な出来事というのは、
「社長に裏切られた」と思ったことが勃発したから。
今思い返せば、あまりにも大人げない理由(苦笑)
もちろん、そこに至るまでの紆余曲折があって、
引き金を引いた出来事があったわけなんですけどね。
でも…社長に裏切られたというか、社長が私に常々言ってたことが覆ったと、
自分の中では相当にショックだったのです。
随分と心酔してたんですね。

そうして、現在。

今の会社はワンマンではありません。
ほぼ一定の任期の下、社長が変わります。
ある意味、非常に健全だと思ってます。
でも、社長のカラーで、会社の中が色々と変わることも。

今日は現在の社長が名古屋に来て、トップ営業をして頂き、
夜は「社長を囲む会」ということで、支店メンバーと一緒に焼き肉をつついてきました。

今の社長と、初めて近くでざっくばらんに話す機会を得たわけですが、
落ち着いた中に見える熱っぽさに、とても心打たれました。
「この人と一緒なら頑張れる」と思う人と仕事ができること。
それは、身近なメンバーについてもそうですが、
そもそも、会社のトップに対してもそう思えること、
それは、とても得難いことだし、とても幸せなことだなぁと、
改めて感じました。

周りの人の存在に愛と感謝を抱いて仕事ができること、
仕事において、これに勝る幸せって、そうそうないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年5月21日 (土曜日)

いわゆる、年少組。

今夜はぷくがお出かけ中。
彼のファッション熱というのは止まるところを知らず、ここ1年ほどは帽子にはまってます。
で、行きつけ帽子屋さん主催の「帽子会」なる飲み会があるということで、送り出しました。
オーナー曰くは「とりあえず、出席者全員が帽子を被ってるっていう飲み会をやってみたくて」と(笑)
ま、あれこれはともかく、新しい世界のつながりができれば、それもまた面白かろうと。
会社ばっかりの人間関係ってのも、窮屈なものでしょうからね。

さて。多少の時間ができたので、ここのところ残していなかった「みやぴん成長日記」でも。

この4月で、今の保育園も3年目になったみやぴん。
ようやく「年少組」と呼ばれる、幼稚園に入園する年になりました。
これまでは「乳児」のカテゴリだったので、一気にお姉さんな風情です。

この進級に前後して、みやぴんはぐぐっと成長をしてくれました。

日常の「生活」は、本当に手がかからなくなりました。
私がいつも慌ただしいせいもあって、自分でできることは自分でできるようになってもらおうと、
まずやらせてみて、できないところを手伝うというスタンスで来たのが良かったのか、
本人の自主性が芽生えた時期だからなのか、その両方なのか、
大抵のことは、自分でできるようになりました。

「自分で」の次は、「お手伝い」。この典型例に見事に当てはまり、
よく私のお手伝いもしてくれます。
基本的には遊びの延長なので、やりたいと言えばやらせるし、もう嫌だと言ったら片づけて終わりにしてます。
それでも、意外と役に立つ部分もあるので、このまま成長して欲しいな~と、
母はひそかに祈ってます(爆)

言葉は、意思疎通が確実にできるのに加えて、ひらがなが読めるようになったので、
何か書いてあるものを自分で読んで、一人で納得してくれることもあります。
毎晩、絵本を2冊読んでから寝るのですが、時間のあるときは、1冊をみやぴんに読んでもらったりします。
ずーっと読み続けている絵本たちなので、覚えているのも当たり前といえばそうなのですが、
「ぐりとぐら」なんかを気持ちを込めて読んでくれたりすると、母は近所中に聞こえるくらいの盛大な拍手をしてしまったりするわけです。

すべてを親がしなければならない段階から、みやぴん自身ができることも増えて、
つまりは私の手が空いて、結果的に余裕の時間につながって、
絵本を読んだりぬいぐるみでごっこ遊びをしたりできるので、
あぁ、だから、これが「年少」と定義づけられてる年齢なのね、と実感してます。

加えて、保育園でも遊びの時間や幅がぐーっと広がりました。
で、進級してまだ2カ月足らずですが、先生が私たちに謝ってこられるようなケガを2度。
どちらも大事に至るものではなかったものの、運悪く、顔でした。
女の子だから、顔はね・・・というぷくの心配は分からなくありませんが、
ひどい状況ではなかったから、良しとすればいいんじゃない?とノンキな私。
引っ込み思案でどんくさいと思っていたムスメが、日に日にお転婆になっていく姿は、
私にとっては嬉しいものなのです。
そしてお転婆ならお転婆で、限度を知ることも必要。
自分ができること、できないこと、友達と遊ぶ中でのバランスや距離感、
それを知らなければ、逆に怖いことになりかねないと、そう思ってるので。
ま、自分自身が幼稚園に入園した直後、祖母宅の庭で親戚の子と遊んでて、
突き飛ばされて後頭部を2針縫っているので、
そこまでの状況にならなければいいや、と思っているのかもしれません。

繊細で、ちょっと神経質で、それでいて大胆で、引っ込み思案だけどお節介焼きで、しっかりしてるけどたまに抜けてる。
なかなか面白い人になりそうな気配がします。

この子とずっと向き合っていくことに、楽しみと面白さを覚える、
それが、子育ての醍醐味であり、モチベーションなのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土曜日)

原点

気がつけば連休も終わり5月半ば。

みやぴんも年少に進級し、ものすごい速度で成長してますが、
なかなかその成長を記せずにいます。
我ながら勿体ない・・・

GWは遊び倒しました。
浜名湖に一泊旅行して、いちご狩りと浜名湖パルパル。
東山動物園で動物をいっぱい見て、ちょっとだけ遊園地も。
そしてディズニーライブ!「ミッキー&ミニーのスターをさがせ!」
・・・遊びすぎです
そのせいで、みやぴんは休みの度に「今日はお休み?どこ行く?」
と聞いてくるようになってしまいました
かーちゃんのお財布が、叩く度に中身が増える魔法のポケットだったらいいのにねぇ。

仕事の方は無事に移転が済みました。
連休を挟んで、稼働日でようやく7日、今の事務所で過ごしました。
まだまだ整理がうまくつけられない状態。
それでも通常の仕事を止めるわけにもいかず、何だかごっちゃ。
いい加減にきちんと整理しないと・・・

ここ最近、自分の担当業務と庶務、ルーティン業務、チームの仕事、
諸々がうまく回っていないことにイライラを抱えていました。
でもそれは、自分自身が表面的には仕事に真正面にぶつかっているようでも、
実は、若干腰が引けてたんじゃないか(意図的に引いていたのではないか)と。
だから、良い結果が生まれないのではないか・・・
そんな逡巡を繰り返し、墜ちたり上がったりしていたら、ある人に会いたくなりました。
それが、前職の上司、モーリシャス

彼女は、私の仕事の原点。
新卒内定者の時代から約7年、私に「仕事をする」ということを教えてくれた人。
彼女に追いつけ追い越せと仕事をして、だからこそ今の自分がある・・・
「今」を悩んで、「過去」を見直したいと思ったのです。

そして今日、3年ぶりに会いました。
彼女も転職し、結婚し、お互いに立ち位置はかなり変わりました。
でも、一緒にいると何も変わらない。
怒ったり泣いたり笑い転げた若い日々が、一瞬にして戻ってきました。

彼女は、転職した後緩やかに仕事をするつもりだったというのですが、
いつのまにか、国内国外飛び回り、1ヶ月の半分くらいしか自宅にいないという、
何ともたまげた状態になっていました。
「それは、そういう性分なんですよね?」と聞くと、笑いながら「やっぱりそう思う?」と。
私は私で、育休復帰後、それなりの仕事をしようと思っていたのだけれど、
目の前の自分に与えられた枠だけじゃなくて、もう少し大きい幅で仕事をしようとしてしまってる。
それも悩みの一つではあったのだけど・・・性分なんだな、きっと。

会っても、何を相談するわけでもない。
でも、一緒にいて、おしゃべりするだけで元気が出たし、前に進むパワーをもらえた。

つくづくと幸せモンだな、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月曜日)

天敵。

Twitterでもつぶやいたんですが、最近体調が続いてまして。
それも、天敵「めまい」に悩まされてます。

もともと、ぐるぐる回る回転性のめまいに悩まされること、かれこれ8-9年。
ある時突然発症し、大体春先に具合が悪いことが多いもの。
メニエル病とか、色々疑った末、脳のMRIまで撮影して「良性発作性頭位めまい」と診断されたのが、7年くらい前でした。
たまに点滴・薬で乗り越えて、徐々に良くなり、転職したらほぼほぼ改善されてました。

めまいの三大悪が「ストレス・睡眠不足・疲労」で、これが転職後の仕事に当てはまらないといえばウソなのですが、
文字通り「目が回るような」前職からすれば、よっぽど良かったわけです。

でも、最近のめまいは回転性ではなく浮遊性。
ふわふわと足元が定まらず、アタマもふわふわ・・・
仕事の途中でめまいがすると、それからしばらく仕事になりません(涙)

で、最近通っている(以前通っていた診療所の耳鼻科の主治医が2年前くらいに亡くなられた)耳鼻科でめまいの相談。
検査に時間がかかるから、と日曜日に呼ばれました。
で、昨日検査をした結果・・・

「自律神経の問題」
と言われました。初耳。ぽかーんとしてしまいました。

もともと血圧が低いのですが(平常時で下が60前後、上が90前後)、それも問題らしく。
「血圧がこれだけ低いと、そもそも頭に血が回らないですよね」
・・・いや、よく大したことないことで頭に血をのぼらせて怒ってますけどね(苦笑)

ま、「ストレス抱えてます?」と言われ、
多少忙しいのが続いてるわな、と思いはしますが。
以前と比べたら、ストレスなんて少ないんですけどね・・・
事務所の移転を控えて、通常の仕事に加えてお引っ越し作業してるくらいで。
でもまぁ、ちょっと気を抜きながら、あんまりこの先のことを考えすぎないようにしようかと。

それにしても、血圧が低いって、最近よく言われるなぁ・・・と思って、
母子手帳を久しぶりに開いてみたのだけど、さして変わらない血圧。
これでよくぞ子どもを産めたな、ってこと?
みやぴん、無事に産まれてきてくれて、よかったなぁ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土曜日)

木婚式

3月18日、結婚して5周年を迎えました。
木婚式です。
紙→藁→革→花ときて、木。ようやく堅いものになってきました。
披露宴の後、敬愛する職場の元リーダー(璃慧さん)から、
「最低でも5年は続けること!」というメールを頂いたのですが、
その5年を何とかクリアできたなぁと思ったりしています。

この3月は、ぷくと出会ってちょうど10年、結婚して5年という、
ちょっとした節目でした。

10年前、ぷくと初めて出会った時に話した内容を覚えていたので、それをぷくに話したら、
「俺はそれは忘れてたけど、かなり最初の頃にあなたと話した内容を覚えてる」
と、教えてくれたのが、

「ぷくさんみたいな普通の人が、こんな会社に入っちゃダメですよ」

という一言(核爆)。

当時、入社2年目の終わり。まだまだ若造のきくちゃん。
中途入社で入ってきたばかりの、自分より5歳も年上の人に、
そんな口をきいていたとは(恥)本当にひどく生意気なヤツでした(苦笑)

でも、その頃の自分に呆気にとられると同時に、
当時、こんな発言をするに至ったとんでもない事件
(この私が、必要事項以外喋らず、笑うことができない日々が2週間ほど続いたのです)
と、仕事に対する情熱と、自分の荒れ具合と、がむしゃらに立ち直ったことと、
立ち直ったがゆえに、そこから管理職の道へ入って行ったことと・・・
色々思い出すことができました。

しかし、よくこんな私と結婚してくれたものです、ぷく。
まぁ、ぷくにも「よくこんなに付き合ってくれてるな、俺に」と言われたので、
お互い様かもしれませんが。
でも、お互い様と思っているくらいが、ちょうど良いのかもしれません。

結婚5周年記念ということで、先週は南木曽温泉に旅行してきました。

私は自分の中で、父にぷくを会わせることができなかったことと
(会ってもらう直前に旅立ったので・・・)
ムスメを抱いてもらうことができなかったことを、後悔にも似た想いでいるのですが、
なぜかこの旅行中、どこかに父がいる気がして、
あぁ、私は今も父に守られているのだと、突然そんな思いにとらわれました。

結婚後5年が経ち、ムスメも3才半。
父がようやく、安心してくれたのかもしれません。

ちょっとだけ成長したのかもしれない、結婚5周年。
まだまだがんばらなくちゃね、と結婚6年目の日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火曜日)

のんびりの効能

私の日記をmixiから見ている方には、
昨日からめまいがしているとつぶやき続けているのをご存じかと思いますが・・・

ものすごーく久しぶりに、目が回りました。
いや、正しくは、最近でもたまに目が回ることはあったのだけど。
しばらく静かにしていれば持ち直すことがほとんどでした。
なのに、今回は、グルグル回るめまいが治まったと思っても、
足元がふわふわするめまいが治まらない。
吐き気までついてくる。
これほどひどいめまいは久しぶりで、会社の応接室で「なんで?」と
泣きそうになりながら唸ってました。

タイミング良く、今日がお休みだったので、久々に病院に。
検査して、点滴を受けたらすっきりしました。

病院に行ったのは・・・2年ぶりだったことが判明。
2年も空けられるくらいになったんだなぁ。
9年くらい前、発症した当時のことを思うと、
随分とラクになったものです。
って思えるのも、点滴打ったおかげですが(苦笑)

午後から、みやぴんの保育園へ。
今年度最後の、クラス懇談会でした。
クラス懇談会の一番のお目当ては、日常を撮影したビデオ鑑賞♪
人数が少ない(12人)上に、欠席もなく、
どんな場面でもしっかり映っているみやぴん。
姿がなくても、どこかで声が入っているみやぴん。
仲良しの女の子と二人で手をつなぎ、おしゃべりしている姿は、
どこからどう見ても、3歳児のそれではありませんでした(爆)
普段と変わらない、笑顔いっぱい、元気いっぱいのムスメの姿に、
大笑いしながらも、ものすごく安心してきました。

懇談会の後は、おやつを食べるところを参観して、
15時半に保育園退出。
「きょうはこんだんかいだから、おかあさんのおむかえがはやいね♪」と、
ニコニコが止まらないみやぴんと一緒に、
小さな公園で走り回ってきました。

めまいの三大要因「睡眠不足・疲れ・ストレス」から解き放たれるために、
今日はひたすら何も考えないようにしてました。
特に・・・仕事のことを、一切考えなかった。(笑)
ただのんびりして、ムスメの笑顔をいっぱい見てたら、
それだけで、全快です。

のんびりすることの効用を、久しぶりに思い知った日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日曜日)

新生児~♪

3連休でしたね。
連休初日、11日(金)に、友人宅に赤ちゃんを見に行ってきました。

赤ちゃんが産まれたのは、高校時代からの友人、ゆきざるちゃん
(リンクはゆきざるちゃんの結婚式の日の私の日記)
12月の終わりに、若殿様がやってきたということで、
ご対面を楽しみにしていたのでした。

いや~、新生児、ちっさかった(当たり前)おまけに軽かった・・・
抱かせてもらったら、あまりの軽さに絶句して、
おまけに、抱っこしたらすぐにおめめぱちくりで、にこにこ笑ってくれて、
なんて可愛いの~、と、ずっと抱いてました。
久しぶりに新生児を抱っこするなぁと思ってはいたのだけれど、
意外にちゃんと抱けるもんでした(笑)
おまけに、抱っこしててもしんどくない(苦笑)
ずっと抱っこしっぱなしのゆきざるちゃんは「しんどい~」と言ってたし、
みやぴんが新生児の頃の自分だってしんどかったのだけど、ね。

みやぴんは、私が赤ちゃんを抱っこしている間、
特に何も言わずに待っていました。
多分、みやぴんの頭にある「赤ちゃん」というのは、
保育園で一つ下の乳児クラスにいる「0歳児」。
それから比べたら、ずっとずっと小さい赤ちゃんに、驚いた様子でした。
私が抱っこをやめたら、即突入してきて
「ねぇ、おかあちゃん、抱っこ~」と。
空気を読んで待っててくれるくらい、成長したんですね。
まだまだ小さい頃に、私が友人の赤ちゃんを抱っこしたら、
えらくやきもちを焼いたこともあったのに。

それにしても、自分たちの子どもも交えながら、友達とのつながりが続いていくのは、
幸せなことだなぁとしみじみ。
だんだん大きくなればなっていくほど、母業も忙しくなるのは当然なのだけど、
この縁を、細く長く続けていきたいものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日曜日)

不惑

「四十の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。」

いきなり論語です。
孔子って、スゴイですね。
40歳で、心の迷いがなくなるって…

1月28日、ぷくが不惑を迎えました。
今年の3月で、出会ってちょうど10年、結婚して5年になります。

出会った頃の彼の無軌道さ(爆)を思えば、随分と大人になったとは思いますが、
迷いがなくなるには、程遠いかと。
いや、自分だってあと5年後に、迷いなくいられるかと言えば、
絶対に(断言するけど)無理だと思うのでね。

今年のお誕生日は、毎度のことですがメガネをプレゼント。
ぷく初の「999,9(フォーナインズ)」艶消しメタルの、デキル系メガネです(笑)
合わせて、メガネを買っている「999,9 by OptiqueS.S.」さんのお隣に、
名古屋フレンチの名店「クックタイゾウ」があるのですが、
今回のお誕生日のお祝いランチをお願いしました。
28日は平日でムリなので、翌29日にね。

ぷくと私は「お昼の軽いフルコース」。みやぴん(みーちゃん改め)はお子様向け「プチコース」。
何せ、食いしんぼの血をぷくと私の両方から受け継いだみやぴん。
ついでに、「ちょっとオトナっぽいこと」してみたい最近。
連れて行くことに一抹の不安もありましたが、
見事にレディーに徹して、私の不安を払拭してくれました(笑)

その後、ケーキを食べに行ったお店で、
「じゃぁ、パパにお歌歌ってあげようね~」と、
可愛い声で「Happy Birthday to You♪」と歌ってくれました。

3才半。
心配も不安も喜びもいっぱいですが、こうして大きくなってくれている実感を得ることが、
今回のぷくのお誕生日には、一番のプレゼントだったのではないかと。

みやぴんにお祝いされながら、目じり下がりっぱなしのぷくを見て、一緒に喜ぶとともに、
私の父も、こんな顔をしていたなぁと思いだす一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日曜日)

2011年、今年もよろしくです!

皆さま、明けましておめでとうございます!

ブログを開始して6年半。
今や休眠ブログ状態が続いているこのブログ。
なかなか楽しいことが書けず、負のエネルギーが溜まると、その重さを吐き出すように書くのが最近だったりします。
それでも、優しい皆さんに励ましコメントを頂いて、心の中でコメント返しして、元気になったりしています。

そんなこんなを、きっと今年も続けていくことと思います。
どうぞ今年も、よろしくお付き合いくださいませ。

さて。ちょっと2010年を振り返る。
「一文字で表す」と・・・「据」 かな。

2010年は、仕事に没入した一年でした。

自分が所属する2つのチームで、いずれもオオゴト発生。
メインのチームでは、同時期に3人が出産で休職(1人は退職)、
1人異動で加入、1人は育休明けに職種転換で復帰。

そして、もう一つのチームでは、舵取り役の営業マンが3月に退職。
後任には、その事業に全く携わったことのない
(というか、会社全体でその事業に携わる人が少ない)
若手社員が関東から異動。

そんなこんなの中、自分の中で腹を括りました。

仕事に軸足を据え、
仕事そのものの仕方や、人との関わり方も変えました。
ワーキングマザーとしての生き方にも、腹が据わりました。

みーちゃんにも、情緒不安定の波の高低はありましたが、
最近になって、本人がその大きな波を越えてくれたようにも思います。
私が必要以上に過敏に捉えてしまった、ムスメの情緒不安定の波は、
私自身の不安だったのかもしれません。

2010年。渦中は漠然とした不安も抱えた一年でしたが、
何とか越えた今としては、
自分の一つの分岐点になる一年だったのかもしれない、と思います。

2011年。
まだまだ仕事はタフな一年になりそうです。
子育ては、みーちゃんも春から年少さん。ひとつのヤマを越えたかもしれません。
ぷくは前厄に入りました。節分は厄払いから始めなきゃです。
私は、6月には30代折り返しに入ります。
これから先の人生にも思いを馳せつつ、
私の立つ、色んな足場を、着実に固めていきたいと思います。

今年の目標は、「跳」!
ウサギ年だしね。
見えてきた40代に向けて、残りの30代を充実したものにしていきたいと思います。
跳ねて跳ねて、跳び回ろう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日曜日)

年末が見えてきた。。。

ども。きくちゃんです。

前日記では皆様、暖かい励ましをありがとうございました
なのに、レスできてなくて、ごめんなさい。

みーちゃんの情緒不安定は一進一退です。
日が暮れる早さに慣れて、「はやくおむかえにきて」とは言われなくなりましたが、
その分、やんちゃが多くなってきました

私の忙しさは相変わらずで、年末が見えてきた今、先月に輪をかけての状況です。
朝の送りをぷくに頼んで、自分は電車で早く出社したり、
帰りはいつも19時過ぎに事務所を出て保育時間ギリに滑り込み。
物理的に残業ができないので時間がどうしても足りず、
土曜日に実家にみーちゃんを預けて、3-4時間出社して一人コソコソ仕事。
仕事のアレコレが心に残って、みーちゃんへの対応がどうしてもおろそかに・・・

これでは、みーちゃんの反逆が起こっても仕方ないわけです。反省

ムスメがいることで、私は自分を保っていられる部分もあるわけだから、
もっとみーちゃんに感謝して、大事にしないとなぁ・・・

と言いつつ、同居の叔父が結石で入院したり、
自分の体調もあまり優れなかったりと、余裕を持てなくて、
冷静に考えると、きくちゃん崩壊寸前?(苦笑)

振り返ると、もう3カ月くらい休肝日をつくっていません。
ずっと飲んでるなぁ・・・お酒の量も増えてる
この不健全な状況で年末が迎えられるのだろうかといぶかしみつつ、
今週もプレッシャーと戦いながら、また明日から仕事だ。

四の五の言いながらですが、がんばりまっす

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«ワーキングマザーの苦悩