« 漫喫満喫 | トップページ | 宇宙戦争 »

2005年6月26日 (日曜日)

店長はつらいよ

梅雨だというのに、ちっとも雨が降らない。おかげで、愛知県の水がめ、牧尾ダムは94年以来の渇水状態なんだとか。94年といえば・・・名古屋市内の各学校で、プールができないとかなんとかいっていた気がする。私は当時高校生で、自分の学校は「地下水を使っている」という触れ込みのプールだったから、平気のへーでプール授業はあった。そりゃあ、強い選手を出す私立の高校だから、失くすわけにはいかなかったんだろう。

熱気が体にまとわりついて、べたーっと離れない名古屋の夏。そんな中、今日は一日中、外で仕事してた。暑い。暑すぎる。とてもじゃないけど化粧なんかできなくて(眉毛はかくけど)、日焼け止めを塗りたくって、手足にも塗りたくって、なおかつ2時間おきくらいにべたべたと日焼け止めを塗り続けた。おかげさまで、何とか日焼けせずに済んだけど、とにかく暑くて汗臭い一日だった。

で、夜。こんな暑い日にビールを飲まんでどーする!!!

よく行く焼き鳥屋が休日だったため、へこみながらも、「どうしても旨いビールと肉!」だったので、ナディアパーク近くの「とり鉄」へ。

特段、むちゃ混みだったわけではない。そこそこだったと思う。でも、厨房には1人しかいなかった。(しかも店長)フロアには、2人しかいなかった。なおかつ、そのうちの1人は「研修中」の名札をつけていた。その上での「そこそこの混み具合」・・・

カウンターに座って、生ビールを2杯と焼酎(八重山・麦)お湯割りを1杯。生ビール1杯を、注文したものが何も出てこないうちに飲み終えてしまった時点で、どんなに料理が出るのが遅くて、なおかつ飲むのが早かったかが分かると思う。でも、とにかく厨房の中は、店長が、1人で、八面六臂の動きで、大変そうだった。ほんとに、「大変だよね」と言う以外なかった。そして、見ているだけでも分かるくらい、店長はものすごくいい人だった。

そういう「いい人」店長を見ていると、研修の子の粗相も、料理が遅いことも、そんなに大した問題ではなく、こっちは酒だけ飲んでりゃ幸せな状態だったのだ。

結果的に、私はとってもいい具合に酔っ払い、多少の粗相はあっても、料理もおいしく、なーんにも不満はなかった。でも、店長は、会計のときまで平謝りだった。そんなに謝らなくてもいいのになーって思ってた。店長はつらいなあ、って思った。

でもなぁ、客が全員そう思ってくれるわけじゃないし、全員が笑ってくれるわけじゃないのだ。

でも、私は満足だったんですよ。神谷さん。

|

« 漫喫満喫 | トップページ | 宇宙戦争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/4737432

この記事へのトラックバック一覧です: 店長はつらいよ:

« 漫喫満喫 | トップページ | 宇宙戦争 »