« 不健康診断 | トップページ | ナイター観戦 »

2005年8月 2日 (火曜日)

ゴッホ展

ずーっと待ち望んでた、ゴッホ展へ。

お昼はサンシャイン栄の「ドン・ピエール」でランチプレートを頂く。人気のオムライス専門店ということで、相当な期待を持って食べた。人気通りおいしい。最近よくある「ふわとろオムライス」というのではないけれど、しっかりした卵で、しっかりしたチキンライス。でも、やっぱりオムライス店だよね、プレートに一緒にのってたハンバーグは普通だった。次はでっかいオムライスを食べよう。しかし、店にモエ・エ・シャンドンのマグナムボトルが飾ってあるのを見て、昼間っからシャンパンを飲みたくなる。…でも、我慢だ。

久々の愛知県美術館。夏休みということもあってか、人はいっぱいだし、子供もいっぱい。でも、子供用のイヤホンガイドをつけて真剣に見入ったりしているのがかわいい。私はイヤホンガイドは借りず、ひたすら自分の感性(?)のままに鑑賞。ゴッホだけでなく、ミレーやゴーギャンなど、ゴッホに影響を与えた人の絵も。37歳という決して長くはない生涯を駆け抜けて、その一部分(耳そぎ事件とか)だけがやたら大きく取り沙汰されるところが否めない芸術家だけれど、そのバックボーンや時代背景などを見ながら絵を見ると、また違った印象も沸いてくる。私は芸術家ではないし、何かを語ることもできないから、心の中に留めておいて、それを自分の血肉としたいと思う。んー、いいオフの使い方。

夜は久々に栄の「互坐(ござ)」へ。夏におでん。日本人の食道楽。何度も来ている店なのに、名物の「トマトおでん」は今日初めて食べた。これぞ夏のおでんって感じだった。爽やかでほんとにおいしかった。トマト嫌いな人には、絶対に無理なのだろうけれど、いやー、ほんとにおいしい。あとは定番で、大根、地鶏卵、伏見豆腐、タマネギベーコンなどを食す。食べすぎ。店が寒いくらいに冷房が効いてるから、夏におでんでも幸せ。

体調がよくないので、お酒は軽く。生ビール1杯と、京都の地酒「桃の滴(純米吟醸)」をグラスで1杯(650円)。名前に惹かれたこのお酒、フルーティーな香りが高くて、するすると飲めるお酒だった。日本酒度プラス5、酸度1.3、辛口。ただ、大吟醸ではないけれど、吟醸香が強くて、「お酒だけで飲むお酒」という感じだった。おでんとは合わなかったってこと。あっさりとざる豆腐だとか、湯葉刺しだとか、野菜の炊き合わせだとか…そういうものだったら合っただろうな。それが残念な夜だった。

そしてドラゴンズは残念ながら12連勝ならず。仕方ないやね。勝ち続けるばかりでも面白くないもの。そして、来週の阪神戦がもっと楽しみになるのだ。

|

« 不健康診断 | トップページ | ナイター観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/5292003

この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホ展:

« 不健康診断 | トップページ | ナイター観戦 »