« あぁ、日本シリーズ。 | トップページ | 酒飲みの霜月 »

2005年10月30日 (日曜日)

木曽の桟

今日は母と二人で、桟(かけはし)温泉に。

思い立ったのは昨日のこと。母と話していて、「今年は栗ご飯をあんまり食べなかったね~」「そうだね~、栗自体あんまり見かけなかったけどね」「それにしても、マツタケも全然お目にかかってないよね」「お父さんがいたら、『マツタケ!マツタケ!』って、どこかに出かけるんだけどね」「んー…だったら、行きますか。お父さんいなくても」「だったら、この間テレビに出てたとこに。温泉とマツタケ料理で日帰りができるらしいから」

というわけで。

日本に四季があることは、ほんとに良いことだ。それぞれに楽しみがあって、ね。しかも、秋は食いしんぼにとっては、楽しくて仕方ない。そういう時なのだ。でも、「四季を楽しむ」ことをちゃんと教えてくれた父母に感謝♪

行ってきたのは、長野県木曽郡上松町にある「桟温泉」。中央道を突っ走って中津川I.C.で下りて、あとはひたすら国道19号(木曽路)を走るだけ。木曽の名勝「寝覚めの床」を過ぎてしばらくすると、19号の対岸に桟温泉が出てきます。

お風呂は「単純二酸化炭素冷鉱泉」とやら。お湯は鉄分で茶色に濁ってる。お風呂の底に手をついていたら、手のひらに錆のように赤くついてしまう。そういうお風呂に入ったことがなかったので、ちょっと楽しかったのです。

待ってましたのお料理。地物のマツタケですよ!も~、日本人で良かった。焼松茸と土瓶蒸し、茶碗蒸しにも松茸が。その他、旅館の目の前を流れる木曽川で捕れた、天然の鮎!落ち鮎で子持ちで、幸せ~。更に、信州の名産馬刺し(好物)。霜降りでとろっと溶けてしまう。臭みもなく、馬刺し嫌いの母も「あら、食べられた」というほど。その他、鮎のから揚げ、アンキモ、天麩羅、豆乳鍋…食べ切れません。

旅館の方も良い方で、とてもいいオフでした。

しかし、天気の良い、行楽日和の日曜日に遠出するなんて、何年ぶりかのことなのだけど、道が混んでて閉口しました。ぷしゅー。帰りの中央道は眠気と闘うのが大変でしたとさ。

|

« あぁ、日本シリーズ。 | トップページ | 酒飲みの霜月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/6762016

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽の桟:

« あぁ、日本シリーズ。 | トップページ | 酒飲みの霜月 »