« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月19日 (水曜日)

嵐…

昨日からすごい雨だった。出勤するときもかなりかなり雨だった。

お昼前に雨が上がって、午後からはきれいに晴れた。事務所のある高層ビルからは、名古屋から北に向かって、きれいに晴れ渡った町が見渡せた。お客さんの一人は「うわ~、ここ、やっぱりキレイやね~」と、窓ガラスにへばりついていた(笑)。

なのに、家に帰ってきて、「さぁ、洗濯でもすっか!」と夜な夜な洗濯物を干したら…まだ雨は降っていないけど、風が唸ってる。うーん。夜は外に出しっぱなしにできないなぁ…

あちこちで土砂崩れや河川の氾濫があって、荒れ模様の日本列島らしいです。皆様、どうぞお気をつけて。私の「自称・第2の故郷」長野がひどいらしいけど、どうなんだろう。色々心配だなー。

「日本のどこかで水害が起きないと、梅雨が明けないのよ」ということを母が言ってた。辛いけれど、もうすぐ梅雨明けなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月曜日)

尊皇

もう既に飲みきってしまったお酒ですが…愛知県のお酒、「尊皇」です。

2006_07160051_1 …うまく写真が撮れていないのが残念ですが。テレビ入っちゃってるし。

正しくは「純米吟醸原酒『尊皇』無濾過原酒・愛知米十割」だとか。2004年の12月から2005年の2月までは、ANAの日本発国際線ビジネスクラスに搭載されていたのだそうです。 使っているお米は全て愛知県のお米なのだとか。自分も愛知県産のきくちゃんとしては、親近感を感じるお酒ですね(笑)。

「名古屋メシ」が流行って、全日空の機内食にも名古屋メシが載せられ、合わせておいしいお酒ということで、この『尊皇』が選ばれたらしいです。そんなことは全然知る由もなかったのですが、スーパーの日本酒売り場(もちろん冷蔵)で、更に黒い紙袋に包まれていたので、こんなに大事にされているお酒なら、きっとおいしいのだろうなぁと思って買っただけなのですが、自分としては結構ヒットでした。辛口でもどっしりしたタイプのお酒でした。赤カレイの煮付けと合わせてみたら、かなりおいしい。やっぱり濃い味のものに合うのかも。これで4合1,470円であればいい費用対効果なのではないかと。

相変わらずプクはビール一辺倒で、私が飲んでいる日本酒にたまに口をつけるものの、プクのヒットになるお酒にはなかなか出会えません。その昔、安い三増酒を飲んでひどい二日酔いになった記憶から抜け出すことができないらしいです。ちゃんとした日本酒を、ちゃんと味わって飲んだら違うだろうになぁ…と思うのですが、なかなかそうもいかないらしく。でも、考えてみたら、私も人生最初で最悪の二日酔いはワインだったので、未だにワインは苦手なのです。それと同じですかね。いくら夫婦とはいえ、お互いの趣味を押し付け過ぎるのもよくないですからね。

と、たまにはまともなことを言ってみたりして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

M:i:Ⅲ

今日はプクも休み。だから、朝から2人でごそごそと。

午前中は家の中の掃除など。引越し以来ずっとたまっていたダンボールを、ようやく縛って出す。プクが掃除機をかけていてくれる間、洗濯したり、トイレ掃除をしたり…所帯を持つってことは、ほんとに所帯じみてくるものなんだな、と実感するのが休日。

午後からは、かねてから約束していた、M:i:Ⅲを観に、ベイシティへ。

いや~、久しぶりの映画だった。何と、去年の「宇宙戦争」以来だから…結局、1年も映画館に行くことがなかったことになる。それも仕方ないか。去年の8月に結婚をきちんと決めてから、2人の休みが合う日はほとんど全て、結婚するために使われていたから。ようやく最近になって、休みの日にそれらしいデートができるようになったってもので。

トム好きの私としては、2時間6分、楽しませて頂きました。前2作よりもアクションが派手で、ずっと手に汗握ってる感じで。DVDが出る時には買っちゃうんだろうなぁ。何かを考えることがない映画っていうのも必要だ。とにかく、「娯楽」としての映画。先週末、少し疲れていた私にとっては、「ダヴィンチコード」を観るより、「M:i:Ⅲ」を観て正解。ちなみに、プクの感想は、「かっこよかったけどさ…結婚したらダメでしょう」気になる方はどうぞ映画館へ。(笑)ついでに、映画の中で出てきたランボルギーニの車が気に入ったようです。(ムラシエゴかディアブロか、それとも新しいやつなのかが分からないらしい)

で、夜はイオンでうなぎを買ってきて、うな丼。

2006_07160052 土用には1週間早いけど、プクがどうしてもと言い張るので。まぁ、そういう私も鰻が好きなんで、抗えない。というわけで、今日の献立は・うな丼・冷奴(風に吹かれて豆腐屋ジョニー)・枝豆・エビとアボカドとブロッコリーのサラダ(豆乳マヨソース)・人参とピーマンのきんぴら・玉葱のかき玉汁。暑いのでビール(正しくは発泡酒:円熟)どう見ても食べ過ぎ(笑)。

鰻は我が家のヘルシオが大活躍(ってほどでもないか)。ほんとに脂が落ちるし、かりふわの温めはさすが。でも、せいぜい冷凍した肉やご飯の解凍や残り物の温めにしか使っていないのが、勿体無いヘルシオ。ジョニーはここのところ非常にお気に入り。どの店でもなかなか手に入らないので、今日はほくほく顔。こないだ「男前豆腐店」が書類送検されたけれど、豆腐好きなプク家では、あれこれおいしいと思って食べているので、まっとうに企業活動を続けて欲しいものだなぁ。

しかし。これだけ食べてりゃ太るよね。プクだけじゃなくて、私も…危険だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金曜日)

OK鮨

毎日更新するわけでないのに、久々に記事UPしようとしたら「メンテに突入」…ありえない…その前から夜に作成しようとするとちーとも反映されないでいらいらしてたので、これはガマンのしどころか…と自分を励ましておりました。で、恐る恐る立ち上げてみたら、お、金曜の夜とは思えないほどのさくさくな進み具合。いい感じですね。

さて、先週の土曜日のことですが、プクと2人でお鮨を食べに行きました。私のボーナスが出た翌日のことです。今の会社に入って、初めて半期をまるっと過ごして頂いたボーナス。いやー、嬉しかった。というわけで、いつも苦労を強いている(主婦のクセにそれを忘れて仕事して結構遅くに帰ってくるので、プクには相当な苦労を強いていると思います)プクに対するお礼の意味も含めて、私がおごってあげました。って、えらそーに。

行ったのは石川橋にある「OK鮨」。もちろん伏字です(笑)。社会人になって、ボーナスをもらうようになった時、ボーナスが出ると両親にご馳走したのですが、このお店にも2回ほど行きました。父には「値段の書いていないすし屋に行く時はよほどの覚悟をして行くもんだ」と教えられていたのですが、ここは値段が書いていない割りには良心的だと思っています。初めて行った時の会計はかなりドキドキしましたが。(父が笑いながら「きくちゃん、出せなかったらお父さんが払ってあげるよ」と言っていたのが懐かしい。もちろん、ちゃんとご馳走しました)

さて、久しぶりに行きましたが、おいしかったのなんのっつって。二人でたらふくたらふく食べましたよ~。プクも私も貝が好きなので、貝を多めに食べたのですが、2人が分からなかったものがひとつ。それは「ミル貝」。もちろん、今まで「ミル貝」を食べたことがあったんですけどね。白くてコリコリっとして、ちょっと甘くて…それが、出てきたのは、一切れが割りと大降りで、先の方が少し赤くて、食べると柔らかくて甘くて…絶対にホッキ貝だと思ったんです。それが「ミル貝ですよ」と言われるじゃないですか。え?じゃぁ、自分たちが今までミル貝だと思って食べていたものは何だったのか?騙されてたのか??いや、今騙されてるのか???

本当のところは分かりません。だって、貝殻に入っているときのミル貝を見たこともないし。スーパーのパックに入っているミル貝は良く見るけど。調べりゃ分かるんだろうけど、そこまでしてないし。ただ、自分たちの知らないこと、食べていないもの、まだまだ世の中にはおいしいものがあるんだなーってことは、十分に分かりました。

そう考えると、まだまだこれから楽しみが多いなぁと思うのです。ただの食いしん坊といわれればそれまでですが。いーの。だって、食いしん坊バンザイな人生を過ごしたいと思っているからさ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »