« マジック38(夏休み絵日記その1) | トップページ | 奈良の旅(夏休み絵日記その3-1) »

2006年8月15日 (火曜日)

豊田おいでんまつり(絵日記その2)

というわけで、夏休み絵日記第2弾。さかのぼってお送りしております。順序がめちゃくちゃなのはご愛嬌ということでお願い致します。

7月28日・29日・30日と3日間、車の街・豊田で、「おいでんまつり」が開かれておりました。メインは「おいでん・みりん・おどろまい(『おいでよ、見てよ、踊ろうよ』という三河弁)」というテーマソングに乗って、あれこれグループで振り付けして踊る「総踊り」ですが、当然私たちは踊るわけでもなく、30日に行われた花火大会が目的なのでした。

一昨年に買ったまま、ずっと置いてあった浴衣を着て(私だけです。プクは普通にTシャツです)出かけました。雰囲気出ますね。2006_08070034_2

名鉄の豊田市駅からトヨタスタジアムの方向へてくてくと歩いて矢作川河畔を目指したのですが、河畔から相当離れたところで、もう既に出来上がっている人たちの群れが…(19時開始なのに、17時過ぎのことです…) えー?この先、全然近づけないのか?と訝しみつつ、それでもてくてくと歩いて行きます。で、ある程度のところで「この先河畔には入場券のない方は入れません!」と叫んでいるスタッフが。げげっ!そうなのか!!と思い、それじゃあ仕方ないね、というわけで、適度に見えそうなところで腰を落ち着けることに。

いや~、立派な花火大会でした。さすがだな~と思ったのは、各スポンサーによって花火の内容が色々あることでした。もちろん、日本が世界に誇るオートモーティブタウンで行われる大会ですから、そりゃぁもう色んなスポンサーさんがいらっしゃいます。で、19時50分過ぎに、やたら華やかな花火が上がって、歓声が。「おお~素晴らしい。これはどこのスポンサーじゃ?」とスポンサー一覧を見てみると…やはりやはりなスポンサー様でございました。

Photo_3 ←これはそのスポンサーさんのではありませんが、何とか撮れた画像です。花火を撮るって難しいんだなと思いました。携帯で撮っているので余計にかもしれませんが。

|

« マジック38(夏休み絵日記その1) | トップページ | 奈良の旅(夏休み絵日記その3-1) »

コメント

花火を撮るには、シャッター速度を遅くして露出を多くしないと上手く撮れませんよ(手持ちで撮るのはぶれるので難しい)。
従って、写メや写ルンですやオートフォーカスの写真では撮るのは大変です。

写真は携帯でよく撮れてますよね。
感心。

元・写真研のCHIKAGEより。

投稿: CHIKAGE | 2006年8月16日 (水曜日) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/11452916

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田おいでんまつり(絵日記その2):

« マジック38(夏休み絵日記その1) | トップページ | 奈良の旅(夏休み絵日記その3-1) »