« 紙婚式 | トップページ | 古都の旅、その2 »

2007年3月24日 (土曜日)

古都の旅

3月21日、22日と2日間で、ぷくと2人、京都へ行ってきました。
今回はきくちゃんのお腹も安定期に入ったことだし、
今後、そうは簡単に旅に出ることもできないだろうということで、
夫婦2人水入らずの旅です。

ここ何週間か寒い日が続いていましたが、この2日間は天候に恵まれて、
しかも、割と暖かい日だったので、お寺回りをするには絶好でした。

初日。まずは銀閣寺へ向かいます。

Photo_24 普通に本堂の周りを歩くことしかできないだろうと思って行ったのですが、何と「春の特別公開」をしていて、本堂、東求堂、弄清亭に、実際に中に入って見ることができました。与謝蕪村、池大雅の襖絵、足利義政の像(教科書で見た!)、義政の書斎の借景、奥田元宋の襖絵…普段だったら見ることができないところに入ることができる、というのは、とても嬉しいものです。しかも、ちゃんとガイドさんが説明してくれました。今まで何度か足を運んだ銀閣寺ですが、こういう嬉しいハプニングに出会えるとは、思いも寄りませんでした。

銀閣寺を出て、ぷくの友人で京都在住のGakky夫妻に車で拾ってもらい、現地ガイドをお願いしてしまいました。

ちょうどお昼時間なので、お勧めのイタリアンレストランへ。
京野菜を使ったイタリアン。
そりゃぁもう、シアワセな美味しさでした。前菜、パスタ、メイン、ドルチェ、全てマル。
イタリアンなのに、野菜が多いからか、ちっとも重たくない。ゼイタクなランチでした。

その後はGakkyのGolf(カブリオレ)で広隆寺へ。
ぷくも私も念願の、弥勒菩薩に会いに。

感想?書けないですわ。どんな言葉を尽くしても、あの美しさを表現することなんて、
到底できないですから。ただ無粋になるだけ。
ひたすらぼーっと、ずーっと眺めるだけでした。
でも、広隆寺って、弥勒菩薩だけでなく、十二神将もあるんですね。
それに、大きな観音菩薩も。
優しいお顔のほとけさまに沢山出会えて、お腹の中の子も、
守ってもらいたいな、こんな優しい顔の子になるといいな、と思いました。

Photo_25 予定にはなかったのですが、少し時間があったので、
Gakkyが「どこか行きたいところは?」と申し出て下さり、
ぷくが「金閣寺」をリクエスト。
祝日だったけど、修学旅行の時期と外れているせいか、
観光客がそれほど多くなく、左のようなきれいな写真が撮れました。(携帯で撮った割にはいい感じでしょ?)
いつ見ても金閣は金閣…
だけど、やっぱり唯一無二のお寺ですね。
ぷくは小学校の修学旅行以来の金閣寺だったらしく、
ほとんど記憶にないそうな。なので、感動しておりました。

という初日。
Gakky夫妻に去年生まれた赤ちゃんにも会えて、とっても楽しい1日でした。
さて、宿と2日目の感想はまた改めてということで。

|

« 紙婚式 | トップページ | 古都の旅、その2 »

コメント

病み上がりのゆきざるです。

いいですね、京都。
京都はバスと地下鉄で名所が回れるのが便利でいい。
これからは、JRで30分とかからず京都に出れる生活なので
京都「も」きわめようかな(笑)。
しばらく銀閣も金閣も見てないので、このお写真でとりあえず
拝んでおきます。
お宿に関してはあまり情報を持っていないので
お宿&2日目のレポート、期待してます!

投稿: ゆきざる | 2007年3月25日 (日曜日) 22時24分

>ゆきざるさま
 ほんとに、大阪から京都は近いよねぇ。
 3月4月の2ヶ月で、大阪出張3回あるのよ、私…
 とんぼ返りで名古屋に戻って仕事しなきゃだけど、
 ちょっとくらい寄り道して帰りたいと思うよ、ほんと。

投稿: きくちゃん | 2007年3月31日 (土曜日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/14376166

この記事へのトラックバック一覧です: 古都の旅:

« 紙婚式 | トップページ | 古都の旅、その2 »