« 古都の旅 | トップページ | お花見 »

2007年3月26日 (月曜日)

古都の旅、その2

京都の旅、宿&2日目。

17時過ぎに、Gakky夫妻と別れて、お宿へ。
今回の宿は、中京区にある「柊屋別館」。
お部屋は8畳+αの純和風です。真ん中に和風のお庭があって、
心和む感じです。何だかのびのびとします。

お夕飯を頂く前に、京都を楽しみ尽くそうと、歩いてすぐの「寺町」へ。
Gakkyから「色んなお土産物屋さんがあるよ」と聞いていたので。
ひたすらひたすら歩いて、でも結局そんなには買わず。
いーの。歩いて見ているだけで、色んなお店があって、楽しいのです。

気がつくと、1時間くらい歩いてしまっていたので、
ちょっと疲れた足をひきずって宿へ戻ります。
お夕飯は京懐石。先付けもお造りもおいしいし、お椀もお魚料理も、
おしのぎのちらし寿司も。最後の水菓子まで、満足でした。
これでおいしいお酒が飲めたら言うことナシなんだけど!
・・・でも、お酒がなくても、素晴らしくおいしい。
お腹の子にも分かるのか、ぽこぽことよく動くのでした。
ま、ぷくと私の子ですから、どう考えても食いしん坊万歳になること間違いなしですが。

さて、2日目。
早めに起きてお風呂に入り、おいしい朝食を頂いて、宿をチェックアウト。
街へ繰り出します。

寺町をゆるゆると歩いて、「よーじやかふぇ」へ。
あの、あぶらとり紙で有名なよーじやに、まさかカフェがあろうとは。
ということで、頂いちゃいました。よーじやかぷちーの。 Photo_27

飲むのが勿体無い!と思いましたけどね、やっぱり飲んじゃうわけですよ。そりゃ、ドリンクですから(苦笑)。
あの有名な「よーじや」のイラストそのもの。
そのまま飲んでいくと、口の周りに茶色く粉がつきます(笑)。
みんなこれを飲んでいるのが面白かったです。

その後はてぬぐい屋さんを見たり、京都デザインミュージアムというショップを見たり。お店を見ながらふらふらしていると、あっという間に時間も経つし、沢山歩けるものですね。

ここで街中に別れを告げ、地下鉄で京都駅まで戻り、JR奈良線に乗り換えて宇治へ。
そうです。2日目のメインイベント、宇治平等院へ。

Photo_28 ここはぷくもきくちゃんも初めてでした。
10円玉の絵柄で有名ですよね。
鳳凰堂の中にも入り、阿弥陀様を拝んできました。
ただ、平成の大修理が行われているということで、
阿弥陀様はいらっしゃるものの、
台座が仮のものだったり、光背と天蓋が外されていたり、
完全完璧な姿で拝むことはできませんでした。
でも、阿弥陀像は素晴らしく、周りを囲む雲中供養菩薩も素敵で、
末法の世に極楽を求めた人々の気持ちが、分かるような気がしました。
ふと、父のことを思い、父もこうして阿弥陀様や菩薩様に迎えられて逝ったのであれば、
少しは安心できるな、と思い、心の中で念仏を唱えました。

平等院には併設の美術館もあり、そこで修理を行った光背や、
雲中供養菩薩の半数を間近で見ることができるようになっていました。
阿弥陀様の目線でしか見ることができないものを見られる、
それは、現代だからこそ為せる業だと、有り難く思いました。

宇治では抹茶スイーツも食べ、とにかく満足満足で帰路に着きました。

十分な心の洗濯をして、夫婦2人であれこれ話もできて、
楽しい2日間でした。
ま、仕事がめちゃくちゃ忙しい中休みをとったせいで、ちょっとだけ苦しいんですけどね。
でも、これでまた頑張れる!と思っています。

次に旅に出るときは、もう一人いるんだなー。
それもまた、楽しみだなー。

|

« 古都の旅 | トップページ | お花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/14404542

この記事へのトラックバック一覧です: 古都の旅、その2:

« 古都の旅 | トップページ | お花見 »