« 古都の旅、その2 | トップページ | 養老反転地 »

2007年4月 1日 (日曜日)

お花見

ものすごく慌ただしい3月を越えて、あっという間に4月。

4月に入ったということで、きくちゃんの社会人生活も9年目に入りました。
社会人になった当時は、早く一人前になりたくて必死で、
とにかく毎日、走り回っていました。

新卒で入社した会社に6年半、今の会社でようやく1年半が経過しました。
まる8年の社会人生活で、私も随分変わったように思います。
仕事を始めたばかりの頃は、24時間365日を仕事に傾けるものだと、
そう信じて走り回っていました。

今は、自分の生活を楽しむために、仕事をするようになりました。
仕事から帰った、夜のわずかな時間。週末のほんの少しのゆとりの時間。
そういう時間に、自分を楽しむことが、仕事に張りを与えるのだと、
無駄なほど走り回って空回りしてから気づきました。

というわけで、新たな年度の始まりである今日。
ぷくと二人でお花見へ出かけてきました。
ここ何年か、お花見はずっと岡崎へ出かけていたのですが、
今年は直前に、友人のとんとんちゃんが犬山城へ出かけたという日記を読み、
国宝だしね、近いしね、行ってみよう!となりました。

名古屋から名鉄で30分弱。あっという間に城下町です。

犬山駅からてくてくと歩いて、犬山城へ向かいます。
犬山城のふもとにある、針綱神社が「安産の神様」ということで、ちょっと寄り道。
そして、更に上へ登り、犬山城へ。
せっかくなので、天守閣にも上りました。階段が急できつかったけど。
これ以上体が重たくなると、本当にきつかっただろうと思うので、
それを思えば、今のうちに行けたので良かったのでしょう。

その後、少し歩いて名鉄犬山ホテルへ。
お腹が空いたので、和食「有楽」にて松花堂弁当を頂きます。
ちょうど木曽川沿いの桜が見えるところに席をとってもらえたので、
本来なら向かい合わせで座るテーブルに、ぷくと二人並んで座らせてもらい、
桜並木を眺めてお昼を頂きました。いや~、シアワセ。

その後、国宝茶室「如庵」のある「有楽苑」へ。
日曜日なのに、ちっとも人がいない日本庭園を、のんびりのんびり歩いて、
桜を眺めながら、書院のお縁側でお抹茶を一服。
あー、のどか。これ以上ない春の日の一日。

その後、郷瀬川沿いの桜並木を歩いて(ここが一番咲いていました)、
今日のお花見は終了となりました。
遠くへ出かけてあれこれ行くのも楽しいですが、
自分の足元近くにも、こんなにいいトコロがあるのだから、
そういうものも大事にしないとねぇ、と思いました。

はー。忙しかった3月の心のトゲトゲを、一気に癒すことのできるいいお花見でした。

写真も色々と撮ったのですが、今日は疲れて取り込む気がしないので、また後日。

|

« 古都の旅、その2 | トップページ | 養老反転地 »

コメント

お花見、いいですね~
来年のお花見は、三人なんですね☆

私、桜というと清洲城を思い出します。
社会人をやっていた頃、
電車の中から毎日見ていた風景ですから…。
配属初日にドキドキしながら
電車の中から清洲城を見てキレイだなって
思って見ていたのが忘れられないのよね~。
お城に赤い橋に桜。
なつかしいなぁ……。
9年前の思い出でした(´-ω-`)

投稿: フランソワ | 2007年4月 2日 (月曜日) 23時21分

おお~犬山に行ったのね!!いいよねー特に有楽苑。
ひっそりとして落ち着いていて、こんな風情のあるところが
こんな近くにあったのかとちょっと感激したよ。
しかし、きくちゃんの今の体で、あの坂道やお城の階段を登ったとは・・・すごいわ。
私は、今年は学校の桜で満足しちゃいそうです(笑)

投稿: とんとん | 2007年4月 4日 (水曜日) 22時46分

>フランソワちゃん
 おお、清洲城の桜ですか!
 確かに、赤い橋にお城に桜はきれいだよねぇ。
 電車の中から眺める桜って、近くで見る桜とは
 またちょっと違う気がします。
 私は最近、仕事で尾張方面へ良く行くので、
 五条川の桜を電車の中とタクシーの中から眺めてます。
 それもまたキレイで良しです。

>とんとんちゃん
 そう、行ってきたのよ、犬山に。
 ぷくは「とんとんちゃんの日記のおかげで、
 良いお花見ができたね~」って、喜んでました。ありがとう。
 とんとんちゃんにとって、今年の学校の桜は、
 格別な想い出になりそうだね。
 張り切って頑張ってくださいね~!

投稿: きくちゃん | 2007年4月 4日 (水曜日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/14489238

この記事へのトラックバック一覧です: お花見:

« 古都の旅、その2 | トップページ | 養老反転地 »