« 養老反転地 | トップページ | 大阪出張 »

2007年4月 7日 (土曜日)

陽春花形歌舞伎

今日は御園座で観劇です。
そう。陽春花形歌舞伎でございます。はい。
ぷくにとっては初歌舞伎、きくちゃんは1年半ぶりの歌舞伎です。

今日は通し狂言「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」と「芋掘長者」の2本です。

「三五大切」は鶴屋南北の狂言ですが…これはちょっとおどろおどろしい話でした。
かなり人が切られるし、首もはねるし、はねた首を前に食事するし(寒)。
しかも、母の手で子供を殺させるし。(これはさすがに直視できなかった)

元はあまりの凄惨さに上演禁止になった演目だそうですが、
演出を変えて今に復活しているようです。

しかし、字面で読むとほんとに凄惨だな(苦笑)。
でも、実際はもうちょっとコミカルな部分もあるんですけどね。
イヤホンガイドを聞いていたぷくには、色んな解説があって、面白かったようです。

芋掘長者の方は、うって変わって単純に楽しめる、
踊りを中心とした短いHappyEndのお話でした。
両方の演目に、三津五郎、橋之介、菊之助の3人が出演しているのですが、
それぞれが全く違う味を出しているところが、やっぱりスゴイ!と思いました。
それは三津五郎が一番顕著。さすがにベテランです。
菊様はどちらの演目でも艶やかな女形なのですが、
「三五大切」ではあだっぽい芸者役を、
「芋掘長者」ではとことん美しい、舞の上手なお姫様を演じていました。
も~、それは見惚れるばかりの美しさでした。いいもん観た。

面白いのが、「三五大切」ではほとんど腹の子が動かず、
「芋掘長者」では、ぽこぽこと動いていたこと。
私の気分が伝わるのか、それとも三味線や太鼓の音に反応したのか。
何にしても、ゼータクな胎教だねぇ。

|

« 養老反転地 | トップページ | 大阪出張 »

コメント

土曜日、偶然にも御園座の前を通りました。
貼ってあるポスターを見て、「あ、これ、きくちゃんがチケット取れた
歌舞伎じゃないか?」と思い出していたところです。
土曜日は、御園座付近で宿泊したのですが、
日曜の10時くらいに前を通ったら、たくさんの人が並んでました。
・・・そんなもんなの?

歌舞伎は高校の時から一度も見てないや。

投稿: ゆきざる | 2007年4月 8日 (日曜日) 22時06分

>ゆきざるちゃん
 あれま。泊まってたのは伏見だったのかいな。
 土日は満員御礼の状況みたいです。
 今年は演目というより、演者がいいからかもね。
 歌舞伎はいいよ~。まさしく日本文化の華です。
 ゆきざるさまには是非とも観て頂きたい。

投稿: きくちゃん | 2007年4月12日 (木曜日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/14596346

この記事へのトラックバック一覧です: 陽春花形歌舞伎:

« 養老反転地 | トップページ | 大阪出張 »