« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日曜日)

若冲と江戸絵画展

この前の木曜日、病院の検診の関係もあって、平日にお休みをとり、
ついでに愛知県美術館へ足を向け、「若冲と江戸絵画展」を観てきました。

伊藤若冲、最近大きく注目されている感じですね。
各地を回って、名古屋にもようやく来てくれました。

愛知県美術館は、私としては好きな美術館です。
展示スペースそのものが割とゆったり造られていて、圧迫感がない。
天井もそれなりに高いので、息が詰まる感じもないし。
以前、名古屋市博物館でめまいを起こして途中で出てしまった私としては、
アートを観る「ハコ」としての美術館のたたずまいが、とても重要なのです。

今回の展示は、江戸絵画の大蒐集家として有名な、
ジョー・プライス氏のコレクション展で、その中心が若冲の作品です。

私の中での伊藤若冲の印象は、アヴァンギャルドという一言でした。
でも、実物をきちんと観て、ただ前衛的という一言で片付けられない、
絵を描く力と、その上に成り立つ想像力に、ただ呆然とするばかりでした。

今回の美術展のチケットやチラシに大きく描かれている「鳥獣花木図屏風」。
実を言うと、私はこの絵を見るのが怖かったのでした。
第一に、この絵がモザイク画であることを知らず、
絵に升目が入っていることが何故なのか分からなくて、奇抜だなぁという印象。
第二に、大きく描かれている象の顔が怖かったこと。
(下らないけど、ほんとに怖いと思ったの!)

でも、本物は、とても楽しい絵でした。
ずっと眺めて、あの動物は何を描いたのだろう、とか、
江戸時代に日本では見ることができなかったであろう動物を、
図鑑や博物誌だけで想像して描いたにしては素晴らしいな、とか。
そして、近くで見れば、どの動物も怖い顔ではなく、皆とてもユーモラスなのでした。

やっぱり絵や彫刻は実物を観なくちゃ分からない!

お腹の子も連れて、親子で色々観て回れる日が待ち遠しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日曜日)

納車

先々週、ぷくが予約をした自転車、いよいよ納車と相成りました。

自宅を11時過ぎに出発。もちろん目的地は小牧のサイクルショップ。
行きは時間短縮のため、高速でびよ~んと小牧南I.C.まで。
晴れていることと、日曜日というのが重なってか、割と空いているので、
自宅から30分程度で目的地に到着。

お店の入り口を入ってすぐのところに、売約済みの自転車が並んでいるのですが、
その中に鎮座する「オペラ・カラバッジオ」の姿が。
他の自転車と比べても、何となくかっこいい。
既にオーナー気分で眺めてしまいます。

先にウェアやヘルメットを見て回るも、ぷくには気に入ったものがなかったらしく、
こちらはすぐに終了。
ぷくはしばらく、自転車への空気の入れ方や手入れの仕方など、
説明を聞いています。
私はその間、自転車雑誌を読みながらしばし待つことに。

色々聞いて、最後に支払を済ませ、さて、いよいよ外に出ます。

Photo_29 後ろに見えるのは、愛車ポロちゃんです。
そして手前が、ぷくのNew愛車、カラバッジオ君です。
(ぷくの手が見えてますな)

晴れているので割ときれいに写りました。
ちなみに、サドルの後ろ(というか、下?)にぽこんと
付いているのは、サドルバッグという代物です。
当然のように荷物を入れる籠なんてないので、
ちょっとしたものを入れるように付けました。
ほんとに、携帯と小銭入れくらいしか入らないけどね。
そしてフレームのところにボトルゲージも付けたので、
早速ペットボトルの「DAKARA」を付けております(笑)

そしてこの後、ぷくは未知の世界、走行距離約20kmの1人ライドへ出かけました。

途中、12km地点で落ち合ったのですが、私の予想よりもはるかに速く、
びっくりするくらいのスピードでした。
ぷくに聞いてみると、無理をしているわけではなく、
とっても軽快に、とっても楽しく走っているのだとか。
その後も軽快に走り続け、約20kmの道程を、1時間20分ほどで帰ってきました。

ちっとも運動をしていないぷくとしては、そろそろ腹筋が痛くなってきたようですが、
それでも、楽しかったので、全然苦にならないようです。
いいな~、私もお腹が大きくなかったら、一緒に走りたいよ~。
ま、当分の間は無理ですわな。
でも、ぷくの楽しそうな顔を見ていると、まぁいいかと思えてきます。

さ、メタボぷくの体幹年齢は、いつ頃どこまで適正に近くなるのでしょうか!?
私としては、それも楽しみな限りです。うしししし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

目に青葉、山不如帰…

目に青葉、山不如帰…
初鰹だ!
というわけで、今年初のカツオ。初物を頂くと寿命が伸びるとか言いますし。
今日の3分クッキングでやってた、カツオの焼きっぱなしカレー風味。ただのタタキより、たまには変わったのも良いかと思って。番組では大根のスライスを付け合わせてたのだけど、私は時期に合わせて新玉葱のスライスを。さらにキュウリの千切りも。カツオの上にも下にも野菜をいっぱいに。おかげでこの一皿でお腹も満足。
これだけでは淋しいので、今日特売になってた空豆を使って普通の塩ゆでと、大半は空豆のスープに。これも時期だし、今日は季節モノ晩ご飯。
一昨日の変な天気でまた風邪をぶり返して、昨日はどうにもならずに会社を休んでしまった。何とか少し元気になってきたところ。初物の勢いをもらって、何とか本調子にしたいものだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火曜日)

ドラゴンズVS ヤクルト

いや〜、しばし球場観戦お預けとなる身には、とても素晴らしい試合でした。
18時、定時を30分回って仕事を上がり、ナゴヤドームに着いたのは19時頃。ちょうど森野のタイムリーで1点先制した直後で、球場が沸き返っているところでした。(これは見られなくて残念だった)
5回6回と点が入らずじりじりするも、森野や福留のファインプレーを見てご機嫌。そして、立浪の代打タイムリー(感激!)、タイロンのホームラン、9回は鈴木が3人でキレイに打ち取って、終われば4―0で、ドラゴンズ快勝!ばんざーい!!
日曜日の試合で井端がひざを痛めたのが気になっていましたが、今日は元気に走ってたし。ほんとにいい気分の試合で、私も元気良く背中を押された気分。
さ、こうしてぷくと2人で好きなことに時間を割けるのもあとわずか。一つずつ楽しみながら、新しい生活に向けての準備だー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪と野球観戦

この前の土曜日、検診に行ってめちゃくちゃ待たされて(ってのはいつものことだけど)、
挙句に風邪をもらって帰ってきてしまった。

土曜日の夕方から、発熱、喉が痛い、体中が痛くてだるくてしんどい。
何もできずに何も食べられずに、ぐだぐだと寝ていた。
翌日の日曜日は、母の日だというのに、母にSOSしてしまい、
晩御飯をタッパーに詰めて持ってきてもらった。
(実は、近所に住む兄貴も扁桃腺をやられて寝込んでいるのに、
 義姉・甥2人が遠足に出かけてしまい、これまたうなっていたらしく、
 母はそっちも気にかけてたらしい。親不孝な兄妹。
 そんなところで兄妹のシンクロニシティせんでもええのに、と思う)

そんな日曜日の夕方くらいから、ようやく動けるようになり、
今日は体をひきずるようにして出社。
母にもぷくにも「自分の体が一番大事なんだから!」と言われるも、
なかなか簡単に仕事を休めるわけもなく、
なおかつ、出社すればしたで、そんな時に限ってトラブルが待ち受けているわけさ。
あはは~。
でも、そうやって仕事しているうちに、何となく快方へ向かうのも事実。

で、喉が痛いのは痛いままなのだけど、明日はナゴヤドームに、
恐らく、当分お預けになるであろう、球場観戦に行ってきます。
明日の仕事は何があろうと、定時上がりだ!
ヤクルト戦は「3つとれるでしょう」とかって、解説者の高木守道が言ってたけど、
巨人戦の最後2戦の勢いをそのままに、せっかくなので勝ち試合が観たいなぁ。

しかし、こうして風邪ひいたり逆子になってたり色んなトラブル抱えつつ、
それでも「何とかなるっしょ~」とかって笑いながら走り回ってる自分を、
ふと冷静に見つめてみると、これも母の強さ?とかって、
いいように解釈してる。

てことで、腹の子は現在逆子になってるらしいので、
今から悪夢の逆子体操(苦笑)をしてから、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火曜日)

パンダ・パンダ・パンダ

どーしてこういうイベントを、よりによって今やるのだろうか。。。

何も、きくちゃんの身動きがとり辛いときに、ここぞとばかりにやらんでも…
白と黒の交じり合った、カワイイ奴等が、私に「おいでおいで」している。
(気のせいだって?)

10月末までやっているイベントなのを確認。ちょっとほくそえむ。
出産前の旅は京都で打ち止めのつもりだったけど、
パンダのためなら変更だってあり得るのだ。

パンダLOVE!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月曜日)

自転車Ⅱ

ワタクシのお友達、ゆきざるちゃんからの貴重な情報をたぐったことにより、
小牧市にあるサイクルショップ「KAMIHAGI CYKLE」を見つけたぷく。
GWも終わりの今日、ぷくと一緒に出かけてきました。

ぷくはこの何ヶ月か、ずーっと自転車雑誌を眺め、
近所あるいは行ける範囲のサイクルショップに足を運び、
どの自転車を買うか、ずーっと考えていたのでした。
途中、考えすぎて何がいいのか分からなくなってしまい、
先に自転車を購入した同僚に
「そういう時は、最初にいいなと思ったものに戻るのがいいんですよ」と、
これまたしごくまっとうな意見をもらい、
ある程度の目星をつけていたのでした。

目星をつけた「ヤツ」は「OPERA Caravaggio」の赤。
雑誌にもよく載っている(しかも、雑誌の表紙にも載ったりしている)
「クロスバイク」のうちの一台です。しかもイタリア車。
ちなみに、クロスバイクとは、レーサーが乗るような「ロードバイク」から派生して、
街乗り用に仕様変更した、ま、セカンドラインみたいなもんですかね。
しかし、イタ車。どこまで外車好きなんだ、ウチのダンナは(苦笑)。

このオペラ・カラバッジオについては、私には若干の不安がありました。
なんでかっていうと、この前行ったサイクルショップで、
「邪道」みたいな扱いでハナシを聞いたからなのです。
そこのサイクルショップでも取引はあるメーカーの製品なのですが、
店頭在庫はなく、買おうとした場合は取り寄せになるのです。
ただ、ぷくがそのあたりを聞いたときに、
「まぁ、うちの店では聞かれることもない種類の自転車だもんですから」
と、ものすごくすげなく言われてしまったんですな。

そうなると、初心者には向かないんじゃないか、とか、
走りやすさとか安全性とかに不安があるんじゃないか、とか、
あらぬことを色々と考えて、ぷくに再考を促したわけです。
しかし、ぷくは色々な雑誌を私に見せ、
「ほらほら、あの人が言うより、雑誌ではちゃんと書いてあるでしょー」と、
とにかく譲らない。

で、今日。

KAMIHAGI CYCLEに入った途端に、ぷくが叫んだ。

「あ!あった!」と。

なーんと、入り口すぐのところに、オペラ・カラバッジオの赤が鎮座している。
そりゃぁ、かっこいい自転車でした。
サドルもハンドルもブラウンの革製ですし、フレームの赤の色も落ち着いていて、
大人の街乗りにはちょうど良いくらいの感じ。
更に、店員さんが来てくれて説明してくれる中には、
この自転車に対するものすごい愛情を感じたのでした。
「通勤や街乗りならいいですよ」「ママチャリよりずっと楽ですよ」
「びっくりするくらい楽しく走れますよ」…と。
同じモノを買うのでも、その商品に愛情を持った人から買うのと、
そうでない人から買うのとでは、やっぱり前者を選びたいと思うのは必然。

ということで、きくちゃんも決裁を下ろしました!

色々とメンテナンスしてもらって、
自転車そのもの以外にも必要な小物もそろえてもらって、
納車の予定は約1週間後です。
お天気であれば、ぷくが小牧から自宅まで、乗って帰ってくる予定です。
さぁ、これでぷくのメタボな体におさらばできるのか!?
怖くもあり、楽しみもあり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金曜日)

アワビ

「妊娠中にアワビを食べると、目のきれいな子が生まれる」
という、あまり根拠はないらしい言い伝え。

根拠があろうがなかろうが、おいしいものを食べた方がいいよ、なんて話は、
食いしん坊のきくちゃんにとっては絶好のハナシ。

実家の母の「あなたにそろそろアワビを食べさせたいんだけど」という言葉に、
イチもニもなく飛びつくぷく夫婦。

アワビは3月から9月が旬ということで、それならやっぱり、と鳥羽方面で検索。
最初は料理旅館のお昼コースなどを探すも、目星をつけたところに断られ、
ガイドブックを探すも、今ひとつヒットがない。
食材がアワビだし、海の近くへ行くなら和食か、と思っていたのだけれど、
この際、頭を切り替えて、洋食でもいっか!ということになる。

というわけで、行ってきました志摩。ぷく夫婦と実家の母と3人のプチ旅。
近鉄の鵜方駅からタクシーで10分弱。フレンチレストランの「シェ・アン」で、鮑のコース。

前菜は2種類の中から選ぶようになっていて、3人とも自家製鯛の燻製をチョイス。
鯛を燻製にして食べるなんて初めての体験。
鯛の燻製とベビーリーフとプチトマトにバルサミコの風味の強いドレッシングが。
いや、もしかしたらバルサミコだけかも?そこにケッパーが散らされていて、
爽やかにあっさりおいしく頂く。
燻製の加減もちょうどよいので、燻煙の独特の香りもあるのに鯛の味もちゃんとする。
おおお。良いスタート。

お次はスープ。これも2種類から選ぶようになっていて、これまた3人とも
伊勢海老のクリームスープをお願いする。
濃厚な海老の香りと味のスープ。クリームのしつこさがなく、これまた
あっという間に飲み干してしまう。んー、おいしい。

パンが出されるのだけれど、このパンもおいしいこと。
外側のカリカリと内側のフワフワ、そしてほんのり甘い香りが、パン好きにはたまりません。
小さいサイズということもあり、これまたあっちゅーまに平らげる。

そしていよいよメインの「黒アワビのステーキ」
アワビはやっぱり火を通して食べるものだなぁと実感。
刺身が全てじゃないよ!ついでに残酷焼より味わいが深いよ!!
ソースもくどくなく、アワビも柔らかく、外側は香ばしく焼けていて、
もー、本当に堪能、堪能。

最後はデザート。バナナ、マンゴ、イチゴ、キウイのフルーツケーキに、
プリンスメロンのパンナコッタ、チョコレート。
そこに、ぷくと母にはイチゴのシャーベットが、私にはラムレーズンのアイスクリームが。
最後までそりゃあもう、幸せの極み。
ご馳走様でした。

このためだけに、近鉄特急で志摩まで出かけていくという、何とも贅沢な一日。
幸せついでに、根拠がなかろうが、うちの子は目のキレイな子だぞ、と、
お腹をさすって言い聞かせるのでした。

あ、ちなみに私の母は私がお腹にいる間、3回もアワビを食べたそうです。
どおりで私の目は…(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »