« 納車 | トップページ | 自転車熱 »

2007年5月27日 (日曜日)

若冲と江戸絵画展

この前の木曜日、病院の検診の関係もあって、平日にお休みをとり、
ついでに愛知県美術館へ足を向け、「若冲と江戸絵画展」を観てきました。

伊藤若冲、最近大きく注目されている感じですね。
各地を回って、名古屋にもようやく来てくれました。

愛知県美術館は、私としては好きな美術館です。
展示スペースそのものが割とゆったり造られていて、圧迫感がない。
天井もそれなりに高いので、息が詰まる感じもないし。
以前、名古屋市博物館でめまいを起こして途中で出てしまった私としては、
アートを観る「ハコ」としての美術館のたたずまいが、とても重要なのです。

今回の展示は、江戸絵画の大蒐集家として有名な、
ジョー・プライス氏のコレクション展で、その中心が若冲の作品です。

私の中での伊藤若冲の印象は、アヴァンギャルドという一言でした。
でも、実物をきちんと観て、ただ前衛的という一言で片付けられない、
絵を描く力と、その上に成り立つ想像力に、ただ呆然とするばかりでした。

今回の美術展のチケットやチラシに大きく描かれている「鳥獣花木図屏風」。
実を言うと、私はこの絵を見るのが怖かったのでした。
第一に、この絵がモザイク画であることを知らず、
絵に升目が入っていることが何故なのか分からなくて、奇抜だなぁという印象。
第二に、大きく描かれている象の顔が怖かったこと。
(下らないけど、ほんとに怖いと思ったの!)

でも、本物は、とても楽しい絵でした。
ずっと眺めて、あの動物は何を描いたのだろう、とか、
江戸時代に日本では見ることができなかったであろう動物を、
図鑑や博物誌だけで想像して描いたにしては素晴らしいな、とか。
そして、近くで見れば、どの動物も怖い顔ではなく、皆とてもユーモラスなのでした。

やっぱり絵や彫刻は実物を観なくちゃ分からない!

お腹の子も連れて、親子で色々観て回れる日が待ち遠しい。

|

« 納車 | トップページ | 自転車熱 »

コメント

名古屋のあちこちで、これの宣伝見ます。
あたしはひそかに「ダリ展」を見てこようかと思っています。
尊敬するおねーさまがおもしろいと言っていたから。
あと、名古屋の前に大阪でやっていたんだよね?だから、なんかずっとダリの宣伝に追っかけられてる気がしてさ(苦笑)

投稿: ゆきざる | 2007年6月 1日 (金曜日) 20時51分

>ゆきざるさま
 ダリ展は既に前売り券を買いました(ニヤリ)
 スペインでダリの絵を何枚か見たのだけど、
 なかなか面白いんですよ、これが。
 私も楽しみにしてます。
 
 でも、引継ぎ日程がかなり苦しいので、
 平日に休みがとれず、産休に入ってから行くことになりそうだけど。

投稿: きくちゃん | 2007年6月 1日 (金曜日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/15221860

この記事へのトラックバック一覧です: 若冲と江戸絵画展:

« 納車 | トップページ | 自転車熱 »