« お宮参りと日本一記念… | トップページ | 4ヶ月。 »

2007年11月19日 (月曜日)

旬ってタイヘン…

秋真っ盛り。しばらく暖かかったのに、いきなり冷え込んできました。
こういう時期に真っ先に風邪をひくのは私なのに、子育て最中の私は初期段階で何とか重篤な症状を回避してます。
その煽りを受けてか?ぷくの方が風邪です。
昨日もずっとくしゃみしてた…
母乳を飲んでる時期は大丈夫と聞きますが、それでもみーちゃんに風邪をひかせたくはない。てことは、大人が気をつけるしかない。
ぷく~、早く治せ~。

さて。秋と言えば食欲の秋ですな。
これからますます日本酒のおいしくなる季節なのに…(涙)
我慢しつつ、「酒」欲を「食」欲のみに切り替えて頑張っております。
さて、秋。いろんな旬がありますが、「ぎんなん」も旬を迎えました。
お酒のアテに最適な「塩炒りぎんなん」がおいしい季節です。
しかし、ぎんなん。スーパーで買うと、せいぜい一握りくらいしか入ってないのに、立派な値段がついてます。

きくちゃんの実家には銀杏の木が2本あります。
伊勢湾台風で折れてしまったらしく、いびつな形で立っていますが、ちゃんと実がなります。
で、秋になるとぎんなん農家よろしく、親が作業をするのです。

子どもの頃、両親がものすごい形相で何日もかけてぎんなんを洗うのを見て、「何でこんなおいしくないものに必死になるんだろ…」と思ってました。クサイし、食べると苦味があるし。大人になって分かる味なんですね、あれは。
ぎんなんを洗うのは、ほんとにタイヘン。
拾い集めた実の、あの臭いの元である外の実を足で踏んで、鬼皮が見える状態になったら桶やたらいで「こじる」んです。水を入れて、大きな板で舟の櫓を漕ぐようにねじって鬼皮がきれいになるまで、水を替えて何度も何度も。その臭いたるや、スゴイです。
しかも、あの実は素手で触るとかぶれるし、1日その作業をしていると、体中がぎんなん臭くなるという。
こんなことを、父が元気だった7年くらい前までは両親だけでやっていたんですね。
うちは自分のところで食べる分が十二分にあるだけですが、銀杏農家の方は本当にご苦労なことだと。それだけの苦労があるから、それなりの値段にもなり、おいしく頂くものなんだなぁと。

って言ってたら。

現代日本で、そんなレトロなことをやる人はそういないんですね(爆)
今はぎんなんを洗う機械があるんですな。すごいっ!(笑)
でも、実家じゃそれほどの量があるわけではないので、そんな機械はありません。
ところが、実家のお向かいさんにはそれは大きな銀杏の木があり(なんと、あおなみ線に乗っていると見えるくらいの大きな木)、しかも本数も多くて更に大変だそうで、割と早くからその機械を使っているのだとか。
で、数年前からは、お向かいさんの機械で、一緒にぎんなんを洗ってもらっています。
そのおかげで、バケツ10杯分くらいのぎんなんを2,3日かけて洗っていたのが、3時間程度で洗えるように。
で、先週母から電話があり。
「お向かいまでぎんなん運ぶのが重くて腰が痛くなるのよ~。奥さんが運んでくれるっていうけど、洗うのお願いしてる上に悪くって~」
…これは、フリですよね?私に運んで欲しいっていう、フリですよね?(笑)
で、行ってきましたとも。大きなバケツに10杯、家からお向かいさんのお庭まで、えっちらおっちら運んできました。
安静期間が始まってから、こんなに重労働をしたことがなかったので、さすがにちょっとへろり。しかも筋肉痛のオマケつき。
でも、美味しいものを食べるためだ!労働の後の戦利品はおいしいぞ!

Photo

洗った後、天日に干して出来上がりです。
一昨日もらってきました。
今年は粒が大きめで良さそうな感じです。
ペンチでひびを入れてフライパンで炒るのが一番おいしい。
でも、ぎんなんをたっぷり入れた炊き込みご飯もすごーくおいしい。
炒った後、殻を割って、更に渋皮を手のひらでこすってきれいにして、「はい、きくちゃん」と、にこにこと次々に渡してくれた、父の笑顔と皺だらけの大きな手を思い出す、秋のぎんなんです。

|

« お宮参りと日本一記念… | トップページ | 4ヶ月。 »

コメント

ぎんなんおいしいですよね~我が家もひろってきては土に埋め、数日たって掘る・・・みたいな原始的な方法で皮むきしておりました・・・ありますよね~機械が!以前紙封筒にぎんなんを入れ、レンジでチンでいただく方法をTVでみましたがうまくいかず・・・私もペンチつかってます。あ~食べたくなった

投稿: アロハ | 2007年11月19日 (月曜日) 12時48分

>アロハ様
 初めまして。コメントありがとうございます。
 私の母も、最近では封筒にぎんなんを入れてレンジでチン!方式で食べているようです。
 フライパンを洗う手間もなく、以前やっていた「ストーブの上で」方式よりも時間がかからず…というのが理由のようです。
 旬のものを旬に頂くのは、本当においしいですよね~。

投稿: きくちゃん | 2007年11月19日 (月曜日) 19時23分

うちも封筒に塩と一緒にいれてチンしてます。
定型の茶封筒に適度にぎんなん入れて、
大体2分くらいでしょうかね。
ぎんなんの固いカラは、今は「ぎんなんの皮割り機」(笑)で割ってからチンしてる。
その前までは、なんとカラにヒビを入れずそのままチン。その後は、父の歯によって割られていました・・・。
最近になってようやくそのおいしさが分かってきたよ。確かに、大人のおいしさですねぇ。
しかし、きくちゃんちでぎんなんがとれるとは。
うらやましい・・・。

投稿: ゆきざる | 2007年11月23日 (金曜日) 00時19分

>ゆきざるちゃん
 あれ、ゆきざるちゃんからぎんなんの話題があるとは…
 確か、高Ⅱの合宿で、ゆきざるちゃんのお皿にあるぎんなんなどを食べた記憶があるのですが…あと、三つ葉とか…(笑)
 うちの実家はこの時期非常にクサイですよ(爆)
 確かに、買わなくても獲れるというのは嬉しいです。タイヘンだけど。

投稿: きくちゃん | 2007年11月23日 (金曜日) 22時14分

ぎんなん。ですか。茶碗蒸しに入っているのくらいしか
食べ方を知らない私。。。ダメママでしょか。。。

小さいころ幼稚園に大きなイチョウの木があって
先生に「葉っぱも実も触っちゃいけません!かゆくなりますからねーーー」といわれていたのを思い出しました。

投稿: saemama | 2007年11月25日 (日曜日) 16時29分

>saemamaさん
 ダメママなんて…そんなわけないじゃないですか。
 ぎんなんの食べ方なんて、それほどレパートリーがあるもんじゃないですよ。
 
 あれ?イチョウの葉っぱって触るとかゆくなるのかな?
 幼稚園の頃、イチョウの葉っぱで工作した記憶があるけどな…

投稿: きくちゃん | 2007年12月 1日 (土曜日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/17118460

この記事へのトラックバック一覧です: 旬ってタイヘン…:

« お宮参りと日本一記念… | トップページ | 4ヶ月。 »