« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月25日 (火曜日)

季節行事

はっぴーめりーくりーすまーす☆
クリスマスをそれなりに都合よく楽しんでしまう異教徒です(笑)

この3連休は、「冬」行事に勤しみました。(ってほど大げさなもんではなく)

22日は冬至。
というわけで、ちゃんとかぼちゃを食べて、ゆず湯に入りました。
071222_3 
これがその日の晩御飯。
切干大根の炊き込みご飯、澄まし汁、かぼちゃの煮つけ、里芋と牛肉のゴマ味噌煮、大葉のサラダ。
かぼちゃは我ながら美味しく煮ることができました~♪
冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないそうですから、これで当分の間、育児に差し支えるような風邪はひかないね(笑)

で、24日。気合を入れてクリスマスイブを楽しみました。
まずはケーキ。
2007_12240053_3   この日は「神戸 アンテノール」のケーキを購入。
午前中から松坂屋まで出かけて(みーちゃんは叔父に預けて)買ってきました。
ジョエルロブションのを買うか、大好きなアンリ・シャルパンティエのケーキにするか…と悩んだのですが、ジョエルロブションは買いたいケーキがなかったのと、最近はアンリのケーキばかり食べてたので、久々にアンテノールのケーキにしました。
甘すぎなくておいしかった~。
このケーキに合わせて、我が家のバリスタ(ぷく)がコーヒーを淹れてくれました。時間がかかるけど、ゆっくり落としてくれて、とってもおいしいコーヒーなのです。至福のひととき2007_12240054_2

そして夜はチキンではなく、牛のステーキ!
これは叔父のリクエスト。
12月に入って、叔父がぽそっと「クリスマスはステーキがえぇな」という、とても糖尿病患者とは思えない一言を聞いて、
「あ~、たまには好きなもの食べて楽しんでもらうか」と思ったわけです。
これには肉好きぷくも快く同意。
で、ヒレステーキを焼き、ポテトとブロッコリーのサラダ、ミネストローネという布陣に、シャンパン(モエ・エ・シャンドンのロゼ)もつけて、立派なディナーに仕立てました。

去年までは、クリスマスといえばどこかに出かけてディナーを楽しむというのが普通でしたが、みーちゃんが生まれ、それも随分様変わりしました。
でも、こうして家族みんなで、元気に日々を楽しむことができるのが、何よりなのだと、しみじみしました。

あと1週間で今年も終わりです。
年末年始はこれまた各実家を渡り歩き、甥にまみれ、従兄の子どももやってきて…
楽しみがいっぱいだなー。
ぷくー、お願いだからちょっとは節制しつつ宴会に臨んで~(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火曜日)

みーちゃんの人助け

体調が悪いわりに、何とかやってるきくちゃんです。
この週末は、ぷくが金曜日にお休みだったこともあり、ゴソゴソしてました。

で、その金曜日。
「もうすぐクリスマース☆お互いのプレゼントを買いに行こーう。」
というわけで、栄まで繰り出してきました。

ぷくにはお洋服(アーノルドパーマーのニットジップアップカーデとパーカー)。
きくちゃんには大容量バッグ(ラルフローレン)。
みーちゃんにもお洋服♪(って、私が欲しいだけやね。ラルフとコムサで1着ずつ)。

途中、松坂屋でベビー休憩室を利用。
おっぱいを飲ませるために授乳室へ。
入ったら、狭かった…でも何とか座れる。
私の他に2人のお母さん。1人は私と入れ違いくらいに出て行って、
私ともう1人が黙々と授乳してました。
そのお母さんはまだ小さな子を連れていて、
「うわー、こんなに小さいとタイヘンだろうな~」と、
ついこの間までの自分がそうだったことをすっかり忘れて、
思わずエールを送りたくなるくらいでした。

みーちゃんはいつもの調子であっさりとおっぱいを飲み終わったので、
肩に抱き上げてゲップをさせました。
そしたら、そのお母さんがくすっと笑って、「可愛いゲップ!」と。
そこから少しお喋りをしました。

で、いつものうちのムスメですから。
そのお母さんに向かって、にっこりと笑いかけました(笑)
そうしたら、「うわ、こんな風に笑ってくれるの?可愛い~」と。
聞けば、連れてるお子さんは11月の頭に産まれたばかりで1ヶ月を過ぎたところ。
夜も何度も起きるし、おっぱいだけで足りてるか不安だし、
タイヘンなんですよね…と、ちょっとお疲れモードでした。
みーちゃんを見て、「4ヶ月って、あっという間ですか?」。
「ほーんとにあっという間ですよ。どんどん成長して、可愛いですよ」と私。
更に、にっこにっこ笑いかけるみーちゃん。
「いや~、もうすぐこんな風に笑ってくれるようになるなら、私、頑張る~」と彼女。
お互いに頑張りましょうね、と言って、私は授乳室を出ました。

みーちゃん、エライ!素晴らしい人助けだ!!と、バカ親ちゃんちゃりんの私は、
みーちゃんを誉めまくりましたとさ。

新生児子育ての時期は過ぎましたが、まだまだラクチンにはなりません。
でも、タイヘンなこととラクチンなことは順番に変わって巡っていくものだし、
みーちゃんの成長に合わせて、私が追いかけて行こうと、
新米ズボラ母は呑気に構えてます。あはは。

閑話休題。

親戚にみーちゃんの2週間後に生まれた子がおります。
母がこの土曜日に、その赤ちゃんとご対面しました。
「軽いのよ~、すーごく軽いの。みーと2週間しか違わないのに、小さいのよ~。
5キロくらいしかないんだってー。でね、抱いたらね、『ニコッ』て、笑うの。やさしーく。」
「んなもの、うちのムスメだって笑うがなー」
「違うわよ。あの子のはね、『ニコッ』なの。みーのはね、『ニカーッ!!』なの」

『ニカーッ!!』のどこが悪いのさ。(笑)
ついでに、うちのムスメはもう8キロですけど(爆)
お尻が重たくて、寝返りできそうにないですけど、何か?(核爆)

いーんです。人助けできるくらいのムスメですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水曜日)

結婚式

12月9日、みーちゃんを母に預けて、ぷくと2人で友人の披露宴に出席しました。
場所は、千種区の料亭。何と、ぷくと私が結婚式を挙げ、披露宴をした場所です。
何だかとてもご縁を感じます。

新郎新婦は男前と美人のカップルなんですが、
晴れの主役として、また格別なものがありました。
この日の  装いは、和装と洋装。
最初にシャイニーグレーのタキシードと純白のウェディングドレス。
新郎の方は靴までグレーだったと、ぷくが感心してました。さすが靴マニア。
新婦のドレスは、シンプルなのだけどラインが綺麗ですごく素敵で、
背が高くて華奢な新婦が着ると、とても凛とした雰囲気がありました。
いや、大抵のオトコは近づけないような雰囲気というべきか?(笑)
そのくらい、美しかったー。
和装の方は、新郎は黒の羽織袴。新婦は黒の引き振袖。
これも四季の花が色とりどりにちりばめられた着物で、
新婦の華やかな顔立ちを引き立てていました。

披露宴は全体を通して、「ゲストに楽しんでもらいたい」という二人の思いが、
とてもよく伝わってくるものでした。
何と、サプライズが私にも!
2007_12100013 この日、二人は仏式で結婚式を挙げました。なので、私たち友人は結婚式には出ていません。
でも、出席者全員の前で、誓いの言葉を述べ、更に出席者全員に、結婚証明書の立会人としてサインを求めたのでした。
その中でも、きくちゃんは「友人代表」として、皆さんの前で立会人代表の欄にサインをさせて頂きました。
突然のことで、びっくりして、綺麗な花嫁姿を間近で見て、「えへ♪」という感じでちょっといたずらっぽく笑って私を見ている新婦を見たら、思わず泣けてきてしまったのでした。

他にも、クロカンブッシュへのケーキカット、誓いのキス、
キャンドルリレー、新郎新婦の合奏(新郎がギター、新婦がピアノ)も。
最後には、新郎新婦が退場した後にエンドロールが。
そこでは当日午前中の結婚式の様子と、披露宴途中までの映像をバックに、
出席者一人一人の名前と、二人のメッセージが流れました。
白無垢姿も見られて、そして二人の暖かい心が読み取れて、
最後までとても楽しく、素敵な披露宴でした。

新婦とは、高校1年で出会って、15年。高校3年間は同じクラスで過ごして、
実家がご近所ということもあり、可愛いお母様とも仲良くして頂いてきた仲。
もちろん、お互いの若気のいたり(苦笑)の数々も、よ~く知っている。
一緒に笑ったこと、たくさん。ケンカしたこと、ちょっぴり。
でも、私がキツイ思いをしてたときに、彼女が支えてくれて、
それが大きく立ち直るきっかけだった。
もう10年も前のことだけど、今思い出しても、感謝の気持ちでいっぱい。

みーちゃんがお腹の中にいるとき、動いてるみーちゃんに触れたのは、
ぷくを除くと、彼女だけ。
多分、みーちゃんも彼女が好きなのだ。

そんな、私にとって大事な、大好きな彼女の結婚。
とってもとっても、嬉しかった。
本当に、末永く幸せになって欲しい。
そして、これからもずっと、家族みーんなで、
楽しく仲良くしていけたらいいな。

ゆきちゃん、結婚、おめでとう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土曜日)

4ヶ月。

最近、調子がイマイチ。
気分はアグレッシブに、みーちゃんと楽しい毎日!なのだけど、
自分の体がちょっとついてこない。
こんなことではいかーん!!
早く元気になろう。

さて。昨日でみーちゃんは、生後4ヶ月を迎えました。
で、今週は火曜日に4ヶ月検診と金曜日に「すくすく教室」があり、保健所へ。

検診は、保健師さんの問診→身体測定→医師の検診→BCG予防接種。
保健師さんの前に座って、いきなり指をぢゅっぱぢゅっぱと吸うみーちゃん。
「上手に指が吸えますねー」と誉められる(笑)
まずはおもちゃのガラガラを使って、
目でおもちゃを追うか、音の聞こえる方へ目をやるか、の確認をされる。
保健師さんが「目や耳は問題ないみたいですねー」と言うと、
「アイ!!」
絶妙のタイミングで、思いっきり大きな声で叫ぶムスメ(爆)
そしてその後絶好調で笑うわ叫ぶわお喋り全開。
「上手におしゃべりできますねー」と保健師さん。
そりゃそう言うしかないわな…(笑)
部屋に響き渡るみーちゃんの絶叫に、
「はいはい、もうダイジョーブだよ~、上手にお喋りできるのは分かったからね~」
と、苦笑いする私。

問診が終わると、身体測定で体重と身長と頭の大きさを測る。
体重計に乗せると…係りの人が「んふふふ」と笑う。
7665グラムでございました。
身長は(じっとして測れないから)誤差があるらしいけど62センチ。
大きくなりました。

お医者さんの検診でも、絶好調のみーちゃん。
先生と看護士さんににっこりと笑いかけ、あうあうとおしゃべり。
反射や内診も問題なし。
首が据わったかどうかを見るのに腹ばいにさせてもご機嫌で、
しっかりと首を持ち上げて、左右をくるくると見回す。
先生には「しっかりと首が据わってますね。いいですよ~」と。
体重も身長も頭囲も問題なし。
「みーちゃんに関して、現在全く問題ありません。BCGで泣いて帰ってもらいましょう」
お医者さんに「問題なし」と言われると、ほんとに安心する。

BCGは…泣いて暴れてタイヘンでした(汗)
他のどの子よりも大きな声で泣いて暴れて、汗かいて涙流して…
他のお母さんたちに心配されてしまいましたとさ。
これからの予防接種が思いやられます…

それにしても、4ヶ月。あっという間に過ぎてきました。
にこにことよく笑い、よく喋る子で、明るくて楽しい毎日。
切迫で産まれてくる子は、親思いの優しい子だとか。
みーちゃんも、きっとそうなんだろうな。
若葉マークの母を、あまり困らせないようにしてくれている気がします。
お腹の中にいたときから、親孝行な子だとは思っていたけどさ(バカ親)

ぷくときくちゃんとみーちゃん。
最近家族が板についてきた気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »