« 謹賀新年 | トップページ | 年末年始あれこれ…その2 »

2008年1月12日 (土曜日)

年末年始あれこれ…その1

あーっと言う間に1月も10日を過ぎ。
この年末年始のあれこれでも。

12月27日
女友達、みっちぃと半年ぶりにランチ。
早産で引きこもりになる直前に会ったのが彼女。そして、復活してみーちゃんを連れて歩いて初めて会うのも彼女。
しかも、彼女は私の2週間後に出産している。お互い一児の母になっての再会。
私はみーちゃんを連れていったのだけど、みっちぃはまだ息子くんを人ごみデビューさせていないということで、次の機会のお楽しみに。
私にとって彼女は、すごく尊敬する女友達。
彼女にみーちゃんを抱っこしてもらって、とても感慨深かった。
お互いの将来がまだまだ見えなかった5年前、一緒に一晩ワインを飲み明かしたことがあったなーとか思い出して、何だか泣きそうになった。
これから同じように子育てしていく友達が傍にいることは、とっても心強い。
そして、とっても楽しいことだ。

12月29日
前日夜に忘年会だったぷくが、ほぼまるっと1日二日酔いだった(苦笑)。
前々から大掃除をするよ!と宣言しておいたので、午後から何とか始動したのには拍手。
でも、窓拭きを頼んだのだけど、窓についた雑巾の跡が、いかにもよれた二日酔いの仕業っぽくて笑った。
夜、おせちのミートローフを作る。おせちは黒豆・かずのこ・田作り・玉子焼きが実家からやってくるので、それ以外の何か、と思って。
とりあえず上手に作れた。

12月30日
慌しく大掃除の仕上げ。と共にお正月のお花を生ける。プラスおせちの栗きんとんと紅白なますを作る。きんとんは実家にいる頃からずっと私の担当だったので、実家の分も作る。バーミックスがあるのでカンタン・楽チン♪

12月31日
お昼前にぷく実家へ。名古屋市内だけど、うちは名古屋の西の端、ぷく実家は東の端なので名古屋を横断。
おすしとちょっと早めだけどおせちもつまんでいただく。
みーちゃんはご機嫌絶好調でじぃじ、ばぁばもにっこにこ。
帰る時はやっぱり寂しそうなぷく両親(当たり前か)
とりあえず、みーちゃんに人見知りがないままだといいなぁ。ちょっと見ない間に泣き叫ぶようになった、とか寂しいもんね。
夕方、ぷく実家からそのままきくちゃん実家へ。きくちゃん実家恒例の「年末すきやき大会」。子どもの頃からずーっと、大晦日はすきやき。しかも〆はうどん。年越しそばではなく、年越しうどん。
父が亡くなってからは兄が鍋奉行に就任(笑)。「俺はやっぱりまだまだだ~、お父さんみたいにはうまくできんわ~」と言ってるけど、だいぶ上手になった気がする。
みーちゃんは従兄2人に囲まれ、キャキャと笑っていたものの、結局うるさくて寝られなかったので、途中から機嫌が悪く。。。かと言って、Tiger&Canterに静かにせぇといっても無理な相談。ま、可愛がってもらってるのだからそれで良しとして。
20時過ぎに実家を辞すと、みーちゃんはあっちゅー間に寝てしまいました。眠かったのね。
みーちゃんを寝かせて、ぷくと2人で静かに年越し。

2008_010130069  今年のお座敷のお花です。
中日新聞に掲載されてたのをお手本にしました。
若松と万年青(おもと)だけでシンプルに。
若松は2本だけ購入。残りの若松は実家の母が買って余った分をもらい、万年青は実家の庭から抜いてきました。

2008_010130068 お鏡のお飾りとともに。

2008_010130066   玄関です。
これは自宅の庭の蝋梅と実家の庭の千両。ちっちゃなお飾りとともに。

その2へ続く。。。 

|

« 謹賀新年 | トップページ | 年末年始あれこれ…その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115933/17660233

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始あれこれ…その1:

« 謹賀新年 | トップページ | 年末年始あれこれ…その2 »