« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月22日 (金曜日)

味噌松風

珍しくタイムマシーン日記ではなく、今日の出来事。

今日、2月22日は「ネコの日」…はどうでもよくて、母の誕生日。

午前中、桜山へ行く用事のついでに、菊園町の長寿園で味噌松風を買う。
この味噌松風はきくちゃんの好物であると共に、母の大好物。
ちなみに、きくちゃんは万年堂のみそ松風はキライ。子供の頃、甘いカステラだろうと踏んで口に入れたら、しょっぱかったあの衝撃がトラウマとなり(苦笑)、克服できない。ただ、万年堂の銘菓、おちょぼは大好き。子供の頃、祖母がたててくれるお抹茶と一緒に、よく頂いたもんだ。(当時あんこがキライだったから、和菓子はおちょぼくらいしか食べられなかったのだけど)

で、午後からみーちゃんを伴って、ベビーカーでとことこと実家へ。
みーちゃんに何とか味噌松風をつかませて、母に「お誕生日おめでとう」と渡す。
「なかなか何にも買いに行けなくて、これがプレゼントで悪いんだけど」と言うと「私、あんたにもし『お誕生日に何が欲しい?』て聞かれたら、味噌松風が食べたいって言おうと思ってたから、嬉しい。しかも、今日が誕生日って忘れてたし」と。
お、私、なかなかやるじゃーん(笑)。

母、75歳。
先に旅立った、父の年齢を超えて、だけどまだまだ元気いっぱい。
とはいえ、母に「長生きしてね」なんて言う日が来たのは、何だか切ない。
ま、母の家系は長生き家系だし、100歳まで元気でいてもらえるように、しっかり親孝行しよう。

そういえば、今日明け方見た夢に、久しぶりに父が現れた。
母の誕生日に父が夢にやってくるなんて、ちゃんとお祝いしてくれよ、て心配になったんだろうなー。
お父さん、大丈夫。
お花は諸々あって買いに行けなかったけど、みーちゃん連れてお祝いしたからね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火曜日)

赤ちゃんの社会性

さて、また遡って書く。

ちょうど1ヶ月くらい前に、NHKで赤ちゃんの発達についての番組があって、それを興味深く見てました。
その中で、赤ちゃんの発達に他者との関わりが重要かつ必要であること、言語の習得においても、ただ音声を聞かせれば習得できるというものではなくて、コミュニケーションの中で覚えていくものだということ、そんなこんなを、非常に参考になるなぁなんて見てたわけです。
その中で、同じくらいの月齢の子たちが集まってワイワイガヤガヤという場で、まだハイハイできない子と、既にできる子がいたら、ハイハイできなかった子が、その翌日(だったか翌々日)にできるようになったという、そんなレポートがありました。
赤ちゃんも、そうやって他人との関わることで、その成長に大きな影響を及ぼすという、分かりやすい例だったわけです。
(だから、いつも大人とばかり一緒にいないで、同じくらいの月齢・年齢の子と遊ばせましょうなんてことが、育児書なんかにも書いてあるんでしょうね)

で、うちのみーちゃん。
1月24日時点で、寝返りらしきものは1回成功しただけで、あとは懸命に寝返りっぽく体を回転させるものの、うまく回ることができませんでした。
まぁ、寝返りするようになるとますます大変って聞くし、自発的に寝返りをしようと体をひねって唸ってる(苦笑)から、そのうちできるようになるだろ、くらいで基本ほっといてました。
多分、同じ月齢の子からするとちょっと遅いんですが、お尻重たいしね、そりゃ寝返りするのも一苦労だろうさ、と笑ってたわけです。

1月25日に、きくちゃんの友達、みっちぃのおうちにお邪魔しました。
年末のあれこれにも登場しましたが、みっちぃはきくちゃんの約2週間後に男の子を出産してます。
生まれる前から「子連れランチしようね♪」ってのが私たちの約束だったのですが、みっちぃ宅で、ようやくその念願が叶いました。

みっちぃの息子(しゅーくん)は人見知りが激しいと聞いていたので、ちょっと緊張して行ったのですが、みーちゃんを連れているからか、泣かれはしませんでした。でも、ガン見された(苦笑)まさしく、「こいつ、誰やねん。何かぷくぷくの赤んぼ連れて、ママと仲良うしとるから、まぁ泣かんといたるわ」て感じでしたが。(みっちぃは生粋の名古屋人です。ダンナは関東人です。何となくしゅーくんの目つきを見てたら関西弁が浮かんだだけです)

で、二人を並べて寝かせて。当然一緒に遊ぶわけでもなく、お互いそれぞれおもちゃで遊んでいるだけなのですが、何となくお互いを見ているような。
しゅーくんはこの時既に寝返りマスター。おもちゃを取るために寝返りしたり、遊ぶのに飽きたら寝返りしたりしてました。
みーちゃんは、それを何だかにこにこと眺めてました。

3時間ほど遊んで帰宅したらば。
いつも以上に一生懸命に寝返りの練習をするみーちゃん。
早くも「赤んぼの社会性が!」と私は一人にんまり。
そしてその翌日、ぷくときくちゃんがまだ半分寝ぼけている前で、みーちゃんは見事に寝返りをして見せ、その後も、ベッドの中でも床でも布団の中でも、ちゃーんと寝返りをうつようになりました。

みーちゃん、分かりやすい(笑)

1ヶ月ほど経ちましたが、寝返りはお手の物(ちょっとドンくさい感じの寝返りだけど)。寝返りしてから必死で足で蹴って、ミリ単位で前へ進もうとして、進めなくて唸っているところが、これまた可愛くて笑えます。
しかし、みーちゃんを見ていると、寝返りって全身運動なんだなーと思います。
自分が当たり前のようにしていること、何気ないことが、本当はすごーいことだったりするんだろうな。
そんな成長の一挙手一投足を見つめることができるのって、幸せだなぁと。
色々タイヘンなこともしんどいこともあるけど、やっぱり親になって良かったなぁとしみじみする毎日です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月曜日)

NewEyeWear!

びっくりした…coldsweats02ココログで絵文字が使えるようになってる…ちょっとびっくりしたんで使ってみた。
そのくらい、ブログから離れてました(汗)

さて、遡って書いてます。1月の出来事です。

1月28日がぷくのお誕生日というのは前に書いたとおりなのだけど、プレゼントはNewメガネです。
去年もこの時期にメガネを買ってましたな。たは。
これを買うまで、ぷくは珍しく随分と悩んでました。

事の発端は私。去年のクリスマスに久しぶりに黒いワンピースなんかを着たら、合うメガネがないことに気づいたわけです。
これまで持ってたメガネは、家用1本、仕事用2本、プライベート2本の計5本。仕事用の2本なら、スーツやワンピースにもかろうじて合わせられるのだけど、自分の中で「これをかけたら仕事」と思っているコマンドアイテムなわけです。
そうなるとプライベート用のメガネなのだけど、これはどちらもセルでかなりカジュアルに傾いてる。
もう母なんだし、これからみーちゃんの行事なんかがあることを考えても、ちょっとフェミニンかつエレガントなメガネが欲しいなと。(どんなだ)
で、行き着け(と勝手に決めている)メガネ屋さんへGo。
自分の中ではlafontのメガネを買うと当たりをつけていたのだけど、実際にお店に行ったら、出会ってしまいました。
REAL/R0704。
このメガネをかけたら、ずーっと前から自分のものだったような気がして仕方ないという、とんでもないメガネでした。
もちろん、lafontのメガネとかけ比べもしてみたんだけど、「もう、これしかない!」という感じで購入決定。
この日は、きくちゃん兄貴(Tiger、Canterの父ですな)も同行し、彼は同じREALのR0801/03を購入。
兄貴はさんざん迷っていたのですが「やっぱり、このメガネ、シビレルな~」と決定。
兄妹で「お前、それ似合うな~」「アンタそれ、かっこいいね~」と言い合うバカ2名。
さてその間、ぷくもあれこれかけて検討していたわけですが、コレという答えが出ない。
というのも、年末から悩んでいたのが「BELLINGERのカメレオンコレクションにするか、J.F.REYのVORTEXにするか」ということ(誰も分からんって、このネタ)。
結局行き着けメガネ屋さんでは結論が出せず、実際にBELLINGERとJ.F.REYの取り扱い店に行って、手にとってみてから決めようということで、ぷくは何も買わず。

で、私のメガネが出来上がったということで、お店に向かいました。
ぷくがへぼ用のために、平日にお休みだったので、いつもは土日にしか行けないお店に平日にとことこ出かけました。
そして、この「平日に」が、ポイントでした。

私のメガネのかけ具合を調整してもらっている間、お店の中であれこれ物色するぷく。
しかし、私の受け取りが済んだら、J.F.REYの取り扱いのあるお店へ行こうということになっていたので、ぷくも本腰を入れて探しているわけではなく。
ところが、オーナー、それに気づいたか?
「ぷくさん、これどうすか?」と出してくれました、秘蔵っ子。
それが、ぷくの運命の出会いでした。
ぷくはすっかりそれが気に入ってしまい、もうJ.F.REYもBELLINGERもどうでもよくなって、購入即決。

2008_021840080 ということで、右がぷくの購入した、「R0801/02」です。
このメガネ、実はオーナーがワケあって密かに隠していた一本でした。それを、あれこれ話している間に、ぷくのために出してくれたのでした。。。オーナー、本当にありがとうございます(涙)
で、めでたく夫婦そろってREALユーザーになりました。
ちなみに、ぷくのメガネときくちゃん兄貴のメガネは色違いです(爆)

きくちゃん、高校1年の夏からメガネをしているので、もうかれこれ15年以上の付き合いになるわけですが、ずーっと、メガネが好きになれませんでした。
でも、ぷくから、「メガネ」ではなく「EyeWear」の世界を教えてもらって、どっぷりはまっています。
もちろん、コンタクトもするんだけど、今やきくちゃんにとっては、メガネは自分の一部として、おしゃれのアイテムとして、オンオフの切り替えアイテムとして、なくてはならない存在です。
眼が悪いんだけど、メガネ嫌いなんだよね~、という方々、一度メガネそのものを見直してみて下さいな~。
これまた違った世界が見られましてよんeyeglasshappy01heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »