« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土曜日)

前進!!

あっという間に5月が終わる…ついこの前ゴールデンウィークだったような気がするのに……

GW明け、5月8日にいつもの仲良し、みっちぃ宅へ。
息子のしゅーくんは人見知り期間が終わり、ハイハイもすっかりマスターして絶好調。
家中どこまでも這ってゆくのを見ながら、のんびりニコニコ笑っているみーちゃん。
みーちゃんの成長については、それほど焦っていない私。みっちぃにも「動き始めたら、本当に何もできないし目が離せないし、じっとしてる方がいいって!」と力説された。
そうだよね~、こんだけごそごそされたらね~と、しゅーくんのパワフルっぷりを見せ付けられて唖然とする私。
しかし。
フローリングの上でみーちゃんを腹ばいにさせたらば…
「きくちゃん、きくちゃん!!みーちゃん後ろに這ってるじゃん!!できるんじゃん!!」とみっちぃの絶叫が。
ひ~~~え~~~。いつの間に。自宅で腹ばいにさせてもしたことなかったのに。
早速自宅で這わせるも、基本的にどこもカーペットが敷いてあるからか、体がうまく滑らずに、断念。

その後、実家で「フローリングだと後ろへ這って行くから、畳ならいいかも」と、畳の上で腹ばいにさせると、見事に後ずさりをしていく我が娘(笑)
母も大喜び。

そして、20日を過ぎ、フローリングでも畳でも、カーペットの上でも、ずり這いで前進できるように。

動けるようになったら、とにかくじっとしちゃいない。ベビーベッドに入れても30分と持たず、広いところで遊ばせろ~とばかりに騒ぐ。
最近では這う幅が大きくなってきて、スピードもアップ。
得意満面で部屋中を転がり這い回ってる。
夜中の3時に起きて、ご機嫌で部屋中這い回っているのには閉口するけど…

みーちゃん、無事に10ヶ月。
動けるようになったことで体重増加が緩やかになって、何とか10キロを超えずに止まってる。
ちょっとのんびりやで臆病でそのくせ癇癪持ちで、なのに愛想だけはめちゃくちゃ良い(苦笑)
体も心も、今のところは順調に成長してる。

日々、できなかったことができるようになって、親の想像を超えることをしたりして、言葉もだんだんついてきて、仕草も動きもできるようになって…
赤ちゃんからコドモへ、着実に進んでる。

2ヶ月先の1歳のお誕生日が、楽しみだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日曜日)

ゴールデンウィーク

もう5月も半ばを過ぎたというのに…今更振り返る、今年のGW(笑)

今年のGWは、ぷくがカレンダー通りの休みだったから、4連休だった。

で、5月4日、みーちゃんを連れて名古屋港水族館へ。
色々調べてみると「朝一番から見るのがいい」とか「昼過ぎから混む」とか何とか。
車で行くなら近いし、朝イチから行こう!人ごみはキライさ、と、珍しく2人で休日に早起き。
開園時間の9時半に間に合うように出発して、9時20分頃には駐車場に到着したものの…
近いところの駐車場が、もう満車(汗) しかも、駐車場へ入る車の列が…
少し離れたところの駐車場へ向かって、ようやくそこで車を停められた。(既に9時30分)
ベビーカーを下ろして、みーちゃんを乗せてとっとこと水族館まで。既に人がいっぱい。チケットを買うのも人がいっぱい。ちょっと先が思いやられる。
何とか入園して、まずはイルカショーを見ようとスタジアムへ。そしたら、ショーの10分前なのに既に満席状態coldsweats02 階段に座って下さいと言われたので、その通りにして待っていたら、横の座席に座っていたご家族がお孫さんを膝に上げたりして席を詰めて座らせてくださった。連れているお孫さんがみーちゃんと同じくらいというだけで。何と親切な。みーちゃん効果でゆったりショーを見れた。

イルカショーの後は人の波に紛れて、普通の水族館へ移動。これが人・人・人で嫌になるくらいshock で、順路通りではなく、エレベーターで上へ上って順路を逆から見ることに。そしたら、これが正解で、ペンギンも熱帯の水槽もあまり混雑なく見れた。みーちゃんは初めて見るペンギンにじーっと見入っていたpenguin (熱帯の水槽の時点ではベビーカーで寝ちゃって、ぷくだけが興奮して見てた)
その後、シャチのクーちゃんのトレーニングを見るために再びスタジアムへ。そしたら、今度は開始15分前なのに、既に階段すら空いているところがほとんどない。ようやく端の上の方で見る場所を確保。いやー、皆何時から待ってるんだか。
そしてみーちゃんは…クーちゃんのジャンプで泣いてしまいましたとさ(苦笑)。どんだけ臆病モンなのか…隣のおばちゃんに「あれ、泣いてる」って笑われたさ。
そんなこんなでみーちゃんはほとんどクーちゃんを見ることなく、横に座ってた若いお兄ちゃんのシャツをひっぱったり(「すいませーん」って私が謝ったら「大丈夫です」って笑ってくれたいい人だったけど、一緒にいた彼女に「俺、子どもからおばちゃんにまで人気モンなんだよね」って後で言ってて、思わず笑った)、たまに飛んでくるハトなんかに目を奪われたりして終了。

さぁ、これで帰ろう!と水族館を出たのがちょうど12時前。そしたら、外にはチケットを買うために30分待ちの看板と、それでも次々に並ぶ人の波が…おまけに駐車場も、私たちが停めた駐車場ですら満車で、遠く離れた臨時駐車場へ誘導されている始末。
良かったね~、やっぱり子連れのお出かけは事前に下調べが必要だね~と実感。これまでは大人だけだから、どうにでも軌道修正できるし、行き当たりばったりでも何とかなったけど、子連れでそれは無理だなー。

帰りにはカインズホームで日用品をざくざく買い込み、無添くら寿司で回転すしを食べ、のんびりして帰宅。
ぷくは、これが子どものいる休日、いわゆる「家庭サービス」ってやつね、という顔をして疲れてました(若干、ね)。

それだけなのに、何だか充実したGWだった気がするところが面白い。
あ、でも6日には渥美半島一周ドライブに出かけてきたけどね。
写真は初めて海を見るみーちゃん。分かったんだか分からないんだか(笑)
2008_051040039_3 

そうして、ぷく家のゴールデンウィークは終了。
みーちゃんを連れての「旅行」はまだだけど、夏には初旅行を計画中。実はもう予約もした。ぬふふ。
そして私の母も「お誕生日過ぎたら、一緒に温泉でも行こうか~」とみーちゃんに話しかけてる。
家族みんなで楽しくあれこれ、が一番だぁね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土曜日)

誕生初参り

GWも過ぎ、日記に書きたいことは色々あれど、相変わらず1日があっという間に過ぎていって、タイムマシーン日記しか書けずにいる(苦笑)。

さて、4月28日のこと。
私が今いる家(つまりは、母の実家)の菩提寺(浄土真宗、お東ですわ)で、去年1年間に生まれた檀家の子どもを集めて、「誕生初参り」なるものが行われた。
実家の菩提寺では行わない行事。聞けば、やるところとやらないところがあるみたい。まぁ、みーちゃんが生まれたことを祝って、自分も気持ちを新たにできることなら良いか、と参加。

集まったのは檀家や、それに連なる家に産まれた子どもとその家族、9組。控えに入ったらいっぱい人がいたので「おぉっ、こんなにいるのか」と思ったら、付き添いのパパやじぃじばぁばの方が多いという…現代の世相を如実に表してますな(笑)。
しかし、去年1年の間に生まれた子なので、1歳以上の子からまだ首が据わって間もない子まで色々。同い年でも、えらい違い。
隣に座った男の子は、4月に1歳のお誕生日を迎えたばかりの子。たどたどしく歩くし、「○○くーん」と呼ばれると「ハーイ!」とお返事する。これが、自分じゃなくてもお返事するので、「○○みーちゃーん」と呼ばれても「ハーイ!」と(笑)。ママが「キミじゃないのよ~」と焦ってたけど、なんのなんの。可愛くて皆で笑ってた。

初参り式は、子どもたちが泣いたり騒いだり、這ったり立ったり、うちのみーちゃんは私のお数珠を振って遊んだり頂いたお数珠をブン投げたり(苦笑)。じっと静かにしてなさいって言ったって分かるわけじゃないから、皆お互い様で、大人だけが何とか進行してた。

宗教って、普段からものすごく意識しているわけじゃないけど、節目に何かを教えてくれるものではあるな、と実感。
みーちゃんが生まれて親になって、どうしても「こうなって欲しい」とか「こうであって欲しい」とか、親の欲で子どもを見てしまうことがある。
でも、「あなたはあなたで在ればいい」という大きな心で、「みーちゃんはみーちゃんで在ればいい。他の誰でもない、みーちゃんの人生を歩んで欲しい」と、そう言える親でありたいと思った。

と言ってるハナから「みーちゃん、中学生になったらブラスバンドに入るといいよ~」とか「将来は理系がいいよ~(両親思いっきり文系だっつの)」とかぶつぶつ呟いてしまう自分とぷく。
いや、まだまだ親としての修行が足りませんで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »