« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月18日 (土曜日)

頑張ってます。

10月も半ばを過ぎました。
みーちゃんが生まれてからというものの、毎日があっちゅー間に過ぎるのは当然のことでしたが、この半月は今までにも増して、1日1日がびゅんびゅんと音を立てて過ぎていきました。

9月の間に約2週間、トータルで7日間の慣らし保育をして、10月1日のきくちゃん職場復帰に合わせてフルで保育所生活をするようになったみーちゃん。
慣らし保育の間に、それこそ保育所や先生、そしていつも会うお友達には随分と慣れたので、ある程度安心して仕事に戻りました。
ところが、10月3日頃から鼻水がひどく、週末を待って小児科へ連れて行くと「風邪」の診断。熱が出ないから大丈夫かな~と思っていたら、それからこれまで2週間、2日おきくらいで熱が上がったり下がったりを繰り返してしまいました(涙)
熱が上がれば保育所を休ませて実家の母に預け、そうすると大抵夕方には熱が下がるので翌日保育所へ連れて行くと、また何となく熱が上がるという…
おまけに、私もぷくも順番にうつってしまい、ぷく家総倒れ。大人はそれほどひどくならずに済みましたが、みーちゃんは一番ひどくて、熱に加えて鼻水がひどいわ痰がひどいわで、夜中も咳き込んでよく眠れず、当然私はそれに付き合って眠れず、毎朝リゲインを飲んでから会社へ出勤してました(苦笑)
一昨日あたりからようやく落ち着いて、何とかヤマは越えたかな。

保育所の先生からは「みーちゃんは、随分と慣れてきましたけど、相当頑張ってるんです。長い時間お母さんと離れて、みーちゃんなりに一生懸命なんです。そこに加えて、季節の変わり目で大人でも体調管理が難しい時期ですし、なかなか風邪が治らなくてもしょうがないですよ」と諭されました。
そう。頑張ってます、うちのムスメ。

引っ込み思案で臆病モンですが、優しいお兄さんやお姉さんたちに囲まれ、いい具合に妹扱いされて、ちょっとずつ遊べるように。
食べるものもいわゆる「離乳食」はほとんど完了に近くて、保育所の給食をしっかり食べるように。そのせいか、卒乳もしてしまいました。あのおっぱいムスメが!!
お散歩が大好きで、まだ歩けないけど靴が大好きで、ちゃんと帽子を被って靴を履いて、バギーでお散歩へ連れて行ってもらうと、鼻歌まじりに一人でずーっとお喋り。
リトミックや英語の時間(そういうプログラムが週に3回ほどあります)には、音楽や歌に合わせてノリノリでにこにこ。
そして迎えに行くと、満面の笑みをたたえて、ものすっごい勢いで這って向かってきます。
で、私にがっしりしがみついて離れません。
自宅に帰ってからおじいちゃんが抱っこしようにも、ものすごい抵抗を見せるので、食事の準備も一苦労…でも、ずっと離れてて寂しいんだもんね、と、何とか少しでも2人でべったりの時間を作るようにしてます。

毎日、保育士さんとみーちゃんに関する交換日記をして、朝と帰りにあれこれ話もするのですが、一緒に子どもに添い、日々の小さなことにも気づきと喜びを与えてくれる方なので、本当に良かったなぁと思っています。
本当は年明け頃から認可保育園へ移る予定をしてたけど、3月いっぱいまでこのままの保育所でお世話になって、4月から認可園へ移ろうかと、ぷくと話し合ってる最中です。

一方の私。
社会復帰から2週間以上が経って、ようやく慣れてきたなと実感中。
時短で1日5時間45分しか働いてませんが、それでもずっしり疲れます。
復帰3日くらいは、時間の流れの違いに戸惑うばかり。
1年以上仕事から離れている上に、またタイミングよく組織変更なんかが合わさって、社名変更と支店名変更とついでに自分の氏名変更(ワーキングネーム使用を止めて戸籍名にした)も重なって、電話に出るのにも一苦労。やっとスムーズになりました。
更には職種も変わって、営業ではなく内勤になったので、ほぼ一日中デスクワーク…これにはまだ慣れません(汗) 毎日帰る時に「私って、デスクワーク向いてないかも…」と呟きながら帰ってます(苦笑) そして営業チームの面々に「だーかーらー!何で営業で戻ってこんのだー!!」と怒られ、だってさー、と不貞腐れてます。
でも、帰る場所があるというのは、求められることがあるというのは、やっぱり有り難いものです。
今の自分には、時間の制約がある以上、できることに限りがあります。
でも、限りある中だからできることもある、という考え方にしようと思ってます。
そして、会社の中に、また新たな居場所を作ろうと思ってます。

でも、気負い過ぎたり、張り切りすぎて空回りするような歳でもないんでね、ほどよくってことも忘れないようにしときたいと思ってます(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »