2008年8月17日 (日曜日)

メナード青山 ミュージックフェスティバル

初、家族旅行~sun

8月3日、4日、メナード青山リゾートへ家族3人で行ってきましたhotel
目指すは、「メナード青山リゾートミュージックフェスティバル2008」。
akikoが出るよ!という情報を嗅ぎつけて(しかも、矢野沙織嬢とコラボ)、去年の12月、akikoのクリスマスライブを泣く泣く見送ったぷくと2人、これならみーちゃんを連れて行っても何とかなるんじゃ?とチケットを取り、日帰りじゃ無理だよね~、とホテルも予約。
しかも、大好きな日野皓正サマも出るという!!!
これ以上ないラインナップに、もう2ヶ月以上、ワクワクしながら待ってました。

当日は良いお天気sun
フェスの出演順は当日の進行でしか分からないということだったけど、オープニングアクトだけが分かっていたので、ホテルに着いてしばらく体を落ち着ける。オープニングアクトは東京ブラススタイル。CDも持ってるし、聴いてみたいのはヤマヤマだけど、お目当ての矢野沙織feat.akikoが聴ければ、子連れには十分なので、東京ブラススタイルのアクトは見送り。
実際、開場頃はめちゃくちゃ混んで、会場を前に行列ができてたみたいだし、見送って正解だった。

のんびりしてから会場へ。チケットのもぎりを過ぎた辺りから、何となく聴き覚えのあるサックスの音色が…「まさか、沙織嬢では…」急いで会場へ入ると、やっぱり矢野沙織嬢!でも、akikoはまだ登場してない。良かった良かったー、と、これまた急いでフリーエリアの空きを探してビニールシートを敷き、簡易チェアを設置して、準備完了。暑いだろうからとパラソルも持ってきたけれど、雲も多いから、とりあえずはパラソルなしで聴くことに。

落ち着いてからすぐ、沙織嬢のMCと、そしてakikoの登場!!待ってました!!!嬉しいよ~lovely
かなりステージが遠いので、よく見えないけど、akikoは浴衣で登場。絶対カワイイ…
沙織嬢をずっと前から知っているというakikoとのMCが、女子高でよくあるガールズトークみたいで笑える。
お天気の良い日の野外で、(ちょこっとだけビール飲みつつ)、みーちゃんを抱っこしながら聴く「Batucada」は格別でした。それに、お気に入りの『LITTLE MISS JAZZ AND JIVE 』から「I WANT YOU TO BE MY BABY」も聴けて、も~、最高にシアワセ。
akikoが下がってからは、沙織嬢の「Open Mind」(報道ステーションのオープニングテーマと言ったら皆さんご存知かな)も聴けて、はい、大満足です。

矢野沙織feat.akikoが下がると、日野皓正サマ(私は勝手に皓サマと呼んでる)の出番。
ぷくと付き合っている頃、皓サマのライブを栄のjazz in Lovelyに観に行って、本当に感動した。Lovelyみたいな、汗の飛び散る様まで見えるくらいの小さなハコで聴く、大きなライブにはまってしまったのだけど、野外で聴く皓サマのライブも、開放感がいっぱいで、より一層芸術的で、そりゃぁ素晴らしいものでした。遠いステージでも皓サマの赤いジャケットが良く映えてステキheart01ライブパフォーマンスもダイナミックで、やっぱりスゴイなぁと思うばかりでした。時間が短くてあっという間だったのだけが残念。

その後、塩谷哲トリオと佐藤竹善さんと塩谷哲さんの「SALT&SUGAR」。
私はSING LIKE TALKINGの佐藤竹善さんしか知らなくて、塩谷哲さんに至っては名前しか知らず楽曲も聴いたことがなかったのだけど、気持ちよく聴けました。少し夕方に差し掛かっているところで、竹善さんの柔らかい声も、雰囲気に合っていました。
そして、途中で矢野沙織嬢&akikoもコラボレーションnotes この時のakikoは浴衣からワンピースに着替えて、夏らしく素敵でした。
TheBeatlesの「Here、There and Everywhere」を。もう沙織嬢とakikoが出てくるなんて思わなかったから、嬉しく、良いハプニングでした。

そして、最後は東京スカパラダイスオーケストラ。
…なのだけど、終演までしっかり聴いて、それからホテルへ帰って夕飯とお風呂、みーちゃんを寝かしつけて…なんて行程は厳しいし、みーちゃんにも負担になると思ったので、塩谷哲トリオ、SALT&SUGARのところで荷物をまとめて、ホテルへ帰りました。
そりゃぁ本当はスカパラのライブをこの耳で聴きたかったけど。でも、akikoにさえ会えればいい!と思って臨んだライブだし、無理してみーちゃんの体調不良なんかがあった日には目も当てられない!から、安全策を。いや~、親になったね~(苦笑)。

ライブは本当に久しぶり。前に行ったのはもう随分前。2年くらい前になるかな。SWEETBOXのライブをZEPPに聴きに行ったのが最後だったんじゃないかな。本当はもっと色々行きたかったのだけど、チケットが取れなかったり、アクシデントがあったり…
そしてみーちゃんが生まれてからは、とても行けないし。
でも、野外フェスなら子連れも多いし、メナード青山のフェスみたいな「大人系ジャジーフェス」なら子連れも安心。(正直、フジロックやエゾロックみたいなのは無理でしょう)

来年は簡易テントを買って行こう。みーちゃんも最後まで聴けるようになるかな?
毎年の恒例行事になるといいなぁと思いながら、楽しいフェスは終了したのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年9月 2日 (金曜日)

万博はエラい…

予告どおり万博に行ってきた。

「8月は夏休みで混むから、9月に入れば大丈夫だろう」だなんて、タカをくくっていたのだけれど、とんでもない大間違いだった。9月に入ろうが何をしようが、とにかく人・人・人…普段平日休みで何事も空いている経験しかない私には、とんでもない人の波だった。「人に酔う」ってこういうことなんだろうな。メニエルが出なかったのが不思議なくらい。

で、午後から万博会場入りしたものの、日差しが強くてとにかく暑い!そして、どこも人が並んでばかり。端から企業館に入るつもりはなく、外国間を回ればいいやと思っていたのだけれど、外国館でも行列が。スムーズに入れるのは、「ネパール館」とか「インド館」とか。本当はドイツ館に入りたかったんだけれど、何と!脅威の240分待ち。とてもじゃないけど、4時間も待つ元気はない。結局、30分から40分程度の待ちで入れるイタリア・スペインを観て、それだけでもう日没。

でも、ドイツレストランには入った。それも40分待ち。とはいえ「万博に行ったらドイツ館でビールを飲む!」という目標があったため、それだけは変える気が起こらず、気長に待った。食べ物と飲み物に関してだけは辛抱強いのだ。(極度の空腹時を除く)

しかし、「万博の会場内レストランはどこも値段が高い」という評判を聞いてはいたが、本当に高い!びっくりするくらい高い。ビールが1杯1,000円もするってドウイウコト…?暑くてやりきれないからビールを2杯とドイツ料理の盛り合わせ、それと前菜1皿を頼んで、2名様〆て8,000円……は、八千円!?□★○☆×☆△★

ある時代の芸術家たちは、万国博覧会で様々な国々の文化に触れ、それを自らの作品に反映させている。私の好きなエミール・ガレもそうだし、この間観にいったゴッホでも、そういう部分が多分にある。今のように市民レベルでの各国の交流が頻繁ではなかった時代に、万博の果たす役割は大きかっただろう。でも、だ。確かに「世界交流」「一日世界一周」というような気分を味わえる場が身近にあったことは幸せだけれど、この場が本当に本当に必要だったのかどうかと言われると、ちょっと自信がないなぁ。景気好転に一役、と言えばそれまで。

とにかく、それなりに「万博」という面白みを体験できたから、私としてはそれでいいや。でも、ほんとに人が多くて会場は広くて一日歩いてエラかった…(名古屋弁)

あ、「加山雄三ショー」を会場内のゴンドラから見ました。それはちょっと笑えるハプニングでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木曜日)

人生一度は万博だ?

万博がすぐ側で開催されているというのに、そして、それは2月から始まっているというのに、そしてそして、もうあと1ヶ月足らずで閉幕するというのに、今日初めて万博に行く。

「人生一度は万博だ」というキャッチフレーズのポスターを沢山見ていて、何となく「行くんだろうなぁ」と思ってはいた。実際、愛知万博の開催が決まった頃(確か大学生だったような気がする)「2005年には万博に行こうねー」とか、言っていたような気もする。遠い遠い先のことだと思っていたのに、いざ2005年になってみると…

あらららら。何だか大変みたいじゃないの?2月や3月は寒いからやめよーよ。4月5月は仕事が忙しいから無理だよ。6月は梅雨だし、7月8月は夏休みで暑いし激混みだよ。…で、いつ行く?ほんとに行くの?てな感じになってしまった。

博覧会協会は「前売りで売れたチケットが激残り!9月は相当混むに違いない!(特に土日)早よ来やぁ!(←名古屋弁)」ってな感じでわっせわっせとプロモート(いや、プレスリリースか)している。昨日のC日新聞の朝刊には『「愛・地球博」は9月25日に閉幕いたします。』というタイトルで、「とにかく土日と連休と閉幕直前はめちゃくちゃ人が集まって、危なかったり大変だったりすることもあるから、お願いだから平日とかに分散して来てね(ハートマーク)」と、愛あふれる趣旨の折込チラシが入っていた。全国の「万博は9月の連休に行こう」と思っている皆さん、ご参考までに。

きくちゃん万博珍道中は今日の夜もしくは明日にでもご報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水曜日)

旅の前夜

世の中はお盆だったというのに、私は逆に6連勤だった。

今、名古屋や万博その他で盛り上がっている。名古屋駅のコンコースを歩くと、これまでにないほどの人の数、外国人の数……その中を毎日朝から夜まで仕事してし続けているのは、ちょっとひねくれたくなるほどだった。おまけに最後は訳の分からないクレーム対応に暮れる…連休で旅が待っていると思うから頑張ったし、明日からはとにかく夏休み満喫だ!って思ってるけど。

夏休みっつったって、たかが2連休。でもいーの。私の本当の夏休みは9月にやってくる(はず)だから。

信楽へ行ってきます。たぬきのかわいい置物でも買おうかと。夜は温泉です。なーんにも考えず、とにかくひたすらぐったりゆらーっとしてきます。でも、最近になって愛車コルサちゃんがちょっとご機嫌斜めなので、明日の朝、出かける前にバッテリーを変えて、ガソリン満タンにして、タイヤの空気圧もチェックしてもらってから…行くつもりです。うーん。考えてみれば、コルサちゃんも、乗り始めてもう9年。どこかに「ガタ」が来たっておかしくない年頃です。でも、3万キロも乗ってないんだけどね。ぐっすん。

宿のご飯がおいしいらしいので、おいしいお酒があるといいなーと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)