2007年3月26日 (月曜日)

古都の旅、その2

京都の旅、宿&2日目。

17時過ぎに、Gakky夫妻と別れて、お宿へ。
今回の宿は、中京区にある「柊屋別館」。
お部屋は8畳+αの純和風です。真ん中に和風のお庭があって、
心和む感じです。何だかのびのびとします。

お夕飯を頂く前に、京都を楽しみ尽くそうと、歩いてすぐの「寺町」へ。
Gakkyから「色んなお土産物屋さんがあるよ」と聞いていたので。
ひたすらひたすら歩いて、でも結局そんなには買わず。
いーの。歩いて見ているだけで、色んなお店があって、楽しいのです。

気がつくと、1時間くらい歩いてしまっていたので、
ちょっと疲れた足をひきずって宿へ戻ります。
お夕飯は京懐石。先付けもお造りもおいしいし、お椀もお魚料理も、
おしのぎのちらし寿司も。最後の水菓子まで、満足でした。
これでおいしいお酒が飲めたら言うことナシなんだけど!
・・・でも、お酒がなくても、素晴らしくおいしい。
お腹の子にも分かるのか、ぽこぽことよく動くのでした。
ま、ぷくと私の子ですから、どう考えても食いしん坊万歳になること間違いなしですが。

さて、2日目。
早めに起きてお風呂に入り、おいしい朝食を頂いて、宿をチェックアウト。
街へ繰り出します。

寺町をゆるゆると歩いて、「よーじやかふぇ」へ。
あの、あぶらとり紙で有名なよーじやに、まさかカフェがあろうとは。
ということで、頂いちゃいました。よーじやかぷちーの。 Photo_27

飲むのが勿体無い!と思いましたけどね、やっぱり飲んじゃうわけですよ。そりゃ、ドリンクですから(苦笑)。
あの有名な「よーじや」のイラストそのもの。
そのまま飲んでいくと、口の周りに茶色く粉がつきます(笑)。
みんなこれを飲んでいるのが面白かったです。

その後はてぬぐい屋さんを見たり、京都デザインミュージアムというショップを見たり。お店を見ながらふらふらしていると、あっという間に時間も経つし、沢山歩けるものですね。

ここで街中に別れを告げ、地下鉄で京都駅まで戻り、JR奈良線に乗り換えて宇治へ。
そうです。2日目のメインイベント、宇治平等院へ。

Photo_28 ここはぷくもきくちゃんも初めてでした。
10円玉の絵柄で有名ですよね。
鳳凰堂の中にも入り、阿弥陀様を拝んできました。
ただ、平成の大修理が行われているということで、
阿弥陀様はいらっしゃるものの、
台座が仮のものだったり、光背と天蓋が外されていたり、
完全完璧な姿で拝むことはできませんでした。
でも、阿弥陀像は素晴らしく、周りを囲む雲中供養菩薩も素敵で、
末法の世に極楽を求めた人々の気持ちが、分かるような気がしました。
ふと、父のことを思い、父もこうして阿弥陀様や菩薩様に迎えられて逝ったのであれば、
少しは安心できるな、と思い、心の中で念仏を唱えました。

平等院には併設の美術館もあり、そこで修理を行った光背や、
雲中供養菩薩の半数を間近で見ることができるようになっていました。
阿弥陀様の目線でしか見ることができないものを見られる、
それは、現代だからこそ為せる業だと、有り難く思いました。

宇治では抹茶スイーツも食べ、とにかく満足満足で帰路に着きました。

十分な心の洗濯をして、夫婦2人であれこれ話もできて、
楽しい2日間でした。
ま、仕事がめちゃくちゃ忙しい中休みをとったせいで、ちょっとだけ苦しいんですけどね。
でも、これでまた頑張れる!と思っています。

次に旅に出るときは、もう一人いるんだなー。
それもまた、楽しみだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土曜日)

古都の旅

3月21日、22日と2日間で、ぷくと2人、京都へ行ってきました。
今回はきくちゃんのお腹も安定期に入ったことだし、
今後、そうは簡単に旅に出ることもできないだろうということで、
夫婦2人水入らずの旅です。

ここ何週間か寒い日が続いていましたが、この2日間は天候に恵まれて、
しかも、割と暖かい日だったので、お寺回りをするには絶好でした。

初日。まずは銀閣寺へ向かいます。

Photo_24 普通に本堂の周りを歩くことしかできないだろうと思って行ったのですが、何と「春の特別公開」をしていて、本堂、東求堂、弄清亭に、実際に中に入って見ることができました。与謝蕪村、池大雅の襖絵、足利義政の像(教科書で見た!)、義政の書斎の借景、奥田元宋の襖絵…普段だったら見ることができないところに入ることができる、というのは、とても嬉しいものです。しかも、ちゃんとガイドさんが説明してくれました。今まで何度か足を運んだ銀閣寺ですが、こういう嬉しいハプニングに出会えるとは、思いも寄りませんでした。

銀閣寺を出て、ぷくの友人で京都在住のGakky夫妻に車で拾ってもらい、現地ガイドをお願いしてしまいました。

ちょうどお昼時間なので、お勧めのイタリアンレストランへ。
京野菜を使ったイタリアン。
そりゃぁもう、シアワセな美味しさでした。前菜、パスタ、メイン、ドルチェ、全てマル。
イタリアンなのに、野菜が多いからか、ちっとも重たくない。ゼイタクなランチでした。

その後はGakkyのGolf(カブリオレ)で広隆寺へ。
ぷくも私も念願の、弥勒菩薩に会いに。

感想?書けないですわ。どんな言葉を尽くしても、あの美しさを表現することなんて、
到底できないですから。ただ無粋になるだけ。
ひたすらぼーっと、ずーっと眺めるだけでした。
でも、広隆寺って、弥勒菩薩だけでなく、十二神将もあるんですね。
それに、大きな観音菩薩も。
優しいお顔のほとけさまに沢山出会えて、お腹の中の子も、
守ってもらいたいな、こんな優しい顔の子になるといいな、と思いました。

Photo_25 予定にはなかったのですが、少し時間があったので、
Gakkyが「どこか行きたいところは?」と申し出て下さり、
ぷくが「金閣寺」をリクエスト。
祝日だったけど、修学旅行の時期と外れているせいか、
観光客がそれほど多くなく、左のようなきれいな写真が撮れました。(携帯で撮った割にはいい感じでしょ?)
いつ見ても金閣は金閣…
だけど、やっぱり唯一無二のお寺ですね。
ぷくは小学校の修学旅行以来の金閣寺だったらしく、
ほとんど記憶にないそうな。なので、感動しておりました。

という初日。
Gakky夫妻に去年生まれた赤ちゃんにも会えて、とっても楽しい1日でした。
さて、宿と2日目の感想はまた改めてということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土曜日)

奈良の旅(夏休み絵日記その3-2)

いや、しかし。

夏休みって、もう終わっているんですよねぇ。旅したのは1ヶ月も前、夏休みが終わる最終日に書かずに溜め込んだ絵日記を必死で書く…子供の頃と変わらない自分に、もう笑うしかない。

というわけで、奈良の旅2日目。8月7日でございます。

ぐっすり眠ったプクときくちゃんは、おいしーく旅館の朝ごはんを頂いてチェックアウト、そして東大寺へ。鹿が沢山沢山うだっていました。暑いのは人間も鹿も一緒なんですな。それにしても、東大寺って、あんなに鹿がいたっけか?プクもきくちゃんも、子供の頃に家族で出かけ、修学旅行でも出かけたはずなのに、記憶からすっかり抜け落ちているものもあるもんです。

東大寺の大仏殿に入って、更にその「抜け落ちている記憶」に唖然とすることに。

というか、子供だから仕方ないと思うのですが、東大寺=大仏さん、というイメージでしか見ていないんですよね。そしてそのまま大きくなってしまったので、東大寺の大仏殿の中には、大仏さんしかいないと思っていたんです。大仏殿っていうしね。そしたら、ありゃま。広目天や多聞天、如意輪観音や虚空菩薩が鎮座されているではありませんか。なんということ。。。いかに何も見ていなかったかを思い知りました。しゃーないけどね。だって、子供の頃、仏像に興味なかったし。きくちゃんも、そして、プクも。

しかし、大仏殿より強い感動を覚えたのが法華堂、いわゆる三月堂。ご本尊、そして、日光菩薩・月光菩薩、四天王像。素晴らしい。素晴らしいの一言。月曜日だったせいもありますが、見ている人も少なく、ゆっくり静かにお参りすることができました。心洗われる~。しかし、大仏殿にはもっと沢山の人がいるのに、ちょっと歩けばこんなに素晴らしいほとけさまを沢山見られるのに、残念だなぁと思わずにはいられませんでした。とはいえ、静かにお参りできることの方が有難いと思う自分もいるわけで、悟りが足りないんですけど。

そして更に歩いていって、戒壇院へ。ここでも四天王像を見ます。法華堂よりも更に人がいない。ひたすら静かで、なんだか外の暑さを忘れるような静けさと厳かさでした。

そして、お昼ご飯を頂いて、お茶して、いよいよ最後の訪問、興福寺へ。

美術の教科書で見たほとけさまが沢山。そして、何といっても超有名かつ超美男子(失礼!)の「阿修羅像」が!!! 本物を目の当たりにしたのは初めてですが、想像していたよりも小さかったのでした。でも、その存在感といったらピカイチで、やはり人だかりがしているのは、常に阿修羅像の前。引き込まれるような美しさには、やはり抗えない魅力がありますね。

というわけで、本当にほとけさまに沢山出会えた旅でした。日ごろのあれこれがとても瑣末なものに思えて、とても有意義な旅となりました。奈良や京都はやっぱりいいよね~、心の栄養だよね~、と言いながら、帰りもポロちゃんを運転して帰るのはきくちゃんなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日曜日)

奈良の旅(夏休み絵日記その3-1)

さて、過ぎた話ですが、8月6日・7日と、少し早い夏休みをとって、プクときくちゃんは2人して奈良へ旅をして参りました。なぜ奈良かというと、なら燈火会というイベントが行われているということ、仏像好きな2人がお寺回りをしたいと考えたこと、この2つが大きなポイントです。

9時ごろ自宅を出発。東名阪をびやーっと走り抜けるポロちゃん。足取りも安定していて快調そのものです。もちろん運転はきくちゃん。プクは前日21時過ぎまで仕事をしていたので、まぁ、甘やかしてあげました。でも、ちゃんと横でナビをしてくれるので有難い限りです。なんつったってきくちゃんはかなりな方向音痴ですから。

12時前には奈良市内に到着。早速向かったのは新薬師寺。拝観料を払って中に入りますが、ほとんど人はいません。静かで穏やかな雰囲気です。十二神将が素晴らしいこと素晴らしいこと。かつてはきらびやかな色に包まれていたそうですが、今はところどころにその面影が残るのみです。それでも、「きっとこんな色だったのね」と想像しながら見るのも、なかなか良いものです。ご本尊は薬師如来だったのですが、今まで見た仏像の中でもひときわふくよかで、また、目が大きいのが印象的でした。何でも耳病・眼病にご利益があるとかですから、それもそうかと後で思ったのでした。

そして、昼ごはんを奈良国立博物館すぐのカフェで食べて、奈良国立博物館へ。「ほとけさまに出会う」という感じで、仏教美術の名品をたくさんたくさん見ることができました。中でもきくちゃんが気に入ったのは、いくつかの「釈迦誕生仏」です。有名な「天上天下唯我独尊」のポーズ。赤ちゃんの姿もあれば、少年くらいな姿のものもあり。大きさもいろいろで、小さな誕生仏はウチに欲しいなぁ、とか思っていたのでした。それにしても、仏像をたくさん見ていると、ほんとに心が穏やかになります。

という感じで展示を見終わると、15時過ぎ。夜のイベントがあるので、早めに切り上げて旅館へ。お宿は奈良公園の中にある、何とも雰囲気のいいところです。2006_08070058 全室離れになっているので、ちょっとした戸建のイメージ。建物自体は少し古いので、鍵がくるくる回して開け閉めする鍵だし、全部引き戸だし、木製の雨戸までついてるし…で、プクは少し戸惑っていましたがきくちゃんはこういうところでは本領発揮(って、何を発揮するのか分かりませんが)。何といっても、きくちゃんの実家は築140年くらいというふる~い家。なんだか自分の家にいるような気がして、のんびりしました。

お風呂に入って、晩御飯を頂いて、メインイベントの燈火会へ向かいます。

たくさんのろうそくで、とても幻想的な夜でした。この日行われていた会場では、一箇所を覗いて全て回りました。結構歩いたので、ちょっと足が痛くなりましたが、痛みを上回る感動がありました。

2006_08070043_1 こーんな感じなんです。これは浮雲園地です。たくさんのろうそくが並んでいて、人も沢山いて…なんですが。写真もあまりうまく撮れなかったのですが、これは結構イケてる方だと思ってます。

2006_08070049  燈火会で「一客一燈」というのがあって、1人500円払うと、自分たちもろうそくを点けることができるんです。で、浮雲園地の中で、私たち2人もろうそくを点けさせて頂きました。比較的早い時間だったので、周りには全然ろうそくがありませんが、結構な人たちがろうそくを点していました。右は私たちが点けた分です。一応記念ということで。

2006_08070051 興福寺も会場のうちに入っています。その流れで歩いていったのですが、ちょうどいい具合に、ライトアップされた五重塔とお月様が配置されていたので、思わず撮ってしまいました。

と、とにかく盛りだくさんの旅です。きくちゃんもプクも疲れてぐっすり眠りました。翌日の旅日記は、また後日続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日曜日)

木曽の桟

今日は母と二人で、桟(かけはし)温泉に。

思い立ったのは昨日のこと。母と話していて、「今年は栗ご飯をあんまり食べなかったね~」「そうだね~、栗自体あんまり見かけなかったけどね」「それにしても、マツタケも全然お目にかかってないよね」「お父さんがいたら、『マツタケ!マツタケ!』って、どこかに出かけるんだけどね」「んー…だったら、行きますか。お父さんいなくても」「だったら、この間テレビに出てたとこに。温泉とマツタケ料理で日帰りができるらしいから」

というわけで。

日本に四季があることは、ほんとに良いことだ。それぞれに楽しみがあって、ね。しかも、秋は食いしんぼにとっては、楽しくて仕方ない。そういう時なのだ。でも、「四季を楽しむ」ことをちゃんと教えてくれた父母に感謝♪

行ってきたのは、長野県木曽郡上松町にある「桟温泉」。中央道を突っ走って中津川I.C.で下りて、あとはひたすら国道19号(木曽路)を走るだけ。木曽の名勝「寝覚めの床」を過ぎてしばらくすると、19号の対岸に桟温泉が出てきます。

お風呂は「単純二酸化炭素冷鉱泉」とやら。お湯は鉄分で茶色に濁ってる。お風呂の底に手をついていたら、手のひらに錆のように赤くついてしまう。そういうお風呂に入ったことがなかったので、ちょっと楽しかったのです。

待ってましたのお料理。地物のマツタケですよ!も~、日本人で良かった。焼松茸と土瓶蒸し、茶碗蒸しにも松茸が。その他、旅館の目の前を流れる木曽川で捕れた、天然の鮎!落ち鮎で子持ちで、幸せ~。更に、信州の名産馬刺し(好物)。霜降りでとろっと溶けてしまう。臭みもなく、馬刺し嫌いの母も「あら、食べられた」というほど。その他、鮎のから揚げ、アンキモ、天麩羅、豆乳鍋…食べ切れません。

旅館の方も良い方で、とてもいいオフでした。

しかし、天気の良い、行楽日和の日曜日に遠出するなんて、何年ぶりかのことなのだけど、道が混んでて閉口しました。ぷしゅー。帰りの中央道は眠気と闘うのが大変でしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火曜日)

旅してきた。

久々の日記。ずっとこれまで書けなかったのは、本格的に身辺整理が始まったのと、そのためにどがーっと遊び始めたから。とは言ったって、たまった有給休暇を全部消化できないんだからね、とぶつくさ言ってみたりして。

テンプレートを変えたのは、衣替えみたいなもんです。気分を変えたいのと、季節が変わるから。今年の秋のテーマは「旅」かな。

8月18日・19日と信楽へ行ってきた。「狸の置物を買おうと思う」と言ってたけど、思うようなサイズの狸が見つからずに断念。その代わり、気に入ったお茶碗と、ビアマグと、お湯のみと、お猪口を買ってきた。買い過ぎ。元々私は焼き物が好きなので、信楽はまさに天国だった。沢山の窯元とお土産物屋さんを回って、どれにしたらいいのか分からなくなったりして。それもまた、楽し。

Dream 信楽では「陶狸夢(どりぃむ)」という地酒を頂く。

狸の絵柄が可愛くて、瓶の緑にラベルの茶色がよく映える、見た目はお気に入りなお酒でした。香りはフルーティで、味はあんまりクセのない純米酒。変に甘ったるくないので、冷酒でそれなりに飲めるお酒だった。私は基本的に純米の酒しか飲みたくないと思っているのだけれど、それでも、「失敗!」と思うお酒は色々ある。今回は、(期待していないというある意味での先入観に左右されたかもしれないけど)まずまずといったところ。

信楽から帰ってきて、しばらくは仕事に振り回されたり振り回したり。

8月28日から久々の3連休を取って、今度は母と二人で栂池高原へ。お宿は「Bルグハウス」さんというペンション(というよりプチホテル?)。28日は着いただけで、ひたすらだらだら。29日は母待望の栂池自然園へ行き、のんびりゆったり、5時間にわたるハイキングをしてきた。何と、29日は「8月に入って一番のいいお天気ですよ」(ゴンドラ係員の言葉より)とのこと。自然園の一番奥、白馬連山と更には白馬大雪渓が目の前に見える展望丘までひたすら歩く。もちろん、70歳を過ぎた母の足取りはゆっくりだし、沢山の人に追い抜かれていった。でも、どこかが痛いとも言わないし、さすが山登りを趣味としただけある、健脚だった。すっきり晴れ渡る空ではなかったけれど、大雪渓はしっかりと見えたし、それなりに山を見渡すことができた。いい空気と高原を渡る風の爽やかさ、そして、咲く花や実の美しさ、歩き疲れたけれど、日ごろのストレスはどこへやら。とてもいい旅になった。

ちなみに、夕食で白馬の地酒「白馬錦」を飲む。熱燗でどうぞと言われ、高原の肌寒さも手伝って、その通りに燗で飲んだ。暑い夏が続く名古屋では考えられない。久々の熱燗。お酒はおいしかった。燗につけるとアルコール臭くなるお酒も多いけれど、白馬錦はそんなではなく、嫌味が少ないお酒だった。実に、燗に向いているお酒。値段とのつりあいは取れていると感じた。それにしても、上に「純米以外は飲みたくない」と言っているけれど、旅に出ると仕方ない、選ぶ範囲にも限りがあるから。

明日で8月も終わり。私の「今の会社での会社員生活」もあと1ヶ月。身辺整理しつつ、有給休暇消化の日々をこなしつつ、新しい生活に備えるためにお酒も沢山飲むぞー、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)