2006年6月19日 (月曜日)

ぷくのW杯予想

こんばんは、ぷくです。初めてこのブログに登場します。

今日はきくちゃんではなく、ダンナであるぷくが、現在世間を最も席捲している話題「W杯」について、あれこれ言ってみたいと思います。もちろん、きくちゃんと違って、野球キチではなくサッカー好きです。

昨日のクロアチア戦は、何とも歯がゆいのよその唇BY高橋 真梨子くらい歯がゆかった。豪戦に比べれば中田と川口が頑張った分良かったが、そのために前々から言われている決定力不足が露呈された感があるのだね。うーん。ブラジル戦は悔いのないよう頑張っていただきたいものです。

日本はおいといて、今回勢いを感じるのは圧倒的にアルゼンチンでしょ。メッシはいるは、マラドーナが応援してるは、なんか負ける気がしませんね。順当にイングランド、ドイツなんかも勝ち進んではいますがね。あと、スペインも調子よいみたいね。このあいだスペインに行ってきたのでなんか嬉しいのです。

でもプクがこのW杯で一番期待しているのは、そう、オレンジの軍団オランダです。4年前は予選落ちしてW杯に出られなかった悔しさと、ロッベン、ファンニステルローイの攻撃的サッカー、監督は往年の名ストライカー、ファンバステンなのよ。そりゃもうかなりきてますきてます。とりあえず、今度のアルゼンチンVSオランダはみものなのです。サッカーが嫌いな人も、興味薄の人も、4年に一度の世界が共有するお祭りを楽しみましょう。

以上ぷくぷくでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)