2007年6月 1日 (金曜日)

自転車熱

きくちゃんのダンナ、ぷくの自転車への熱は、ますますヒートアップしている。

1.しんどくない
2.むしろ楽しい
3.体重が減ってきた(ちょっとずつ)
4.体年齢が減ってきた(これも走る度に1歳ずつ…)
5.走った後が爽快

以上のような理由らしい。まぁ、地球に優しい趣味だから許せる。

でも、始めたばかりだからか、何でもカタチから入る性格だからか、
必要なのかどうか分からないコストもかかっている(苦笑)。

Photo_31

ということで、これが自転車に乗る時の正装。
って、正装ってのは私が勝手に呼んでるだけだけど。

ヘルメット、シャツ、サイクルパンツ、中にはお尻の痛くならない
インナーパンツも穿いてます。
サングラスは元々ぷくが持ってたもの。

ま、楽しくて、なおかつ健康的ということであれば、
言うことはないんです。

今のぷくは、休みの日に自転車に乗ることで頭がいっぱい。
今度は、近くで十分な距離を安全に走れるところを、ネットで探して教えてあげようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日曜日)

納車

先々週、ぷくが予約をした自転車、いよいよ納車と相成りました。

自宅を11時過ぎに出発。もちろん目的地は小牧のサイクルショップ。
行きは時間短縮のため、高速でびよ~んと小牧南I.C.まで。
晴れていることと、日曜日というのが重なってか、割と空いているので、
自宅から30分程度で目的地に到着。

お店の入り口を入ってすぐのところに、売約済みの自転車が並んでいるのですが、
その中に鎮座する「オペラ・カラバッジオ」の姿が。
他の自転車と比べても、何となくかっこいい。
既にオーナー気分で眺めてしまいます。

先にウェアやヘルメットを見て回るも、ぷくには気に入ったものがなかったらしく、
こちらはすぐに終了。
ぷくはしばらく、自転車への空気の入れ方や手入れの仕方など、
説明を聞いています。
私はその間、自転車雑誌を読みながらしばし待つことに。

色々聞いて、最後に支払を済ませ、さて、いよいよ外に出ます。

Photo_29 後ろに見えるのは、愛車ポロちゃんです。
そして手前が、ぷくのNew愛車、カラバッジオ君です。
(ぷくの手が見えてますな)

晴れているので割ときれいに写りました。
ちなみに、サドルの後ろ(というか、下?)にぽこんと
付いているのは、サドルバッグという代物です。
当然のように荷物を入れる籠なんてないので、
ちょっとしたものを入れるように付けました。
ほんとに、携帯と小銭入れくらいしか入らないけどね。
そしてフレームのところにボトルゲージも付けたので、
早速ペットボトルの「DAKARA」を付けております(笑)

そしてこの後、ぷくは未知の世界、走行距離約20kmの1人ライドへ出かけました。

途中、12km地点で落ち合ったのですが、私の予想よりもはるかに速く、
びっくりするくらいのスピードでした。
ぷくに聞いてみると、無理をしているわけではなく、
とっても軽快に、とっても楽しく走っているのだとか。
その後も軽快に走り続け、約20kmの道程を、1時間20分ほどで帰ってきました。

ちっとも運動をしていないぷくとしては、そろそろ腹筋が痛くなってきたようですが、
それでも、楽しかったので、全然苦にならないようです。
いいな~、私もお腹が大きくなかったら、一緒に走りたいよ~。
ま、当分の間は無理ですわな。
でも、ぷくの楽しそうな顔を見ていると、まぁいいかと思えてきます。

さ、メタボぷくの体幹年齢は、いつ頃どこまで適正に近くなるのでしょうか!?
私としては、それも楽しみな限りです。うしししし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月曜日)

自転車Ⅱ

ワタクシのお友達、ゆきざるちゃんからの貴重な情報をたぐったことにより、
小牧市にあるサイクルショップ「KAMIHAGI CYKLE」を見つけたぷく。
GWも終わりの今日、ぷくと一緒に出かけてきました。

ぷくはこの何ヶ月か、ずーっと自転車雑誌を眺め、
近所あるいは行ける範囲のサイクルショップに足を運び、
どの自転車を買うか、ずーっと考えていたのでした。
途中、考えすぎて何がいいのか分からなくなってしまい、
先に自転車を購入した同僚に
「そういう時は、最初にいいなと思ったものに戻るのがいいんですよ」と、
これまたしごくまっとうな意見をもらい、
ある程度の目星をつけていたのでした。

目星をつけた「ヤツ」は「OPERA Caravaggio」の赤。
雑誌にもよく載っている(しかも、雑誌の表紙にも載ったりしている)
「クロスバイク」のうちの一台です。しかもイタリア車。
ちなみに、クロスバイクとは、レーサーが乗るような「ロードバイク」から派生して、
街乗り用に仕様変更した、ま、セカンドラインみたいなもんですかね。
しかし、イタ車。どこまで外車好きなんだ、ウチのダンナは(苦笑)。

このオペラ・カラバッジオについては、私には若干の不安がありました。
なんでかっていうと、この前行ったサイクルショップで、
「邪道」みたいな扱いでハナシを聞いたからなのです。
そこのサイクルショップでも取引はあるメーカーの製品なのですが、
店頭在庫はなく、買おうとした場合は取り寄せになるのです。
ただ、ぷくがそのあたりを聞いたときに、
「まぁ、うちの店では聞かれることもない種類の自転車だもんですから」
と、ものすごくすげなく言われてしまったんですな。

そうなると、初心者には向かないんじゃないか、とか、
走りやすさとか安全性とかに不安があるんじゃないか、とか、
あらぬことを色々と考えて、ぷくに再考を促したわけです。
しかし、ぷくは色々な雑誌を私に見せ、
「ほらほら、あの人が言うより、雑誌ではちゃんと書いてあるでしょー」と、
とにかく譲らない。

で、今日。

KAMIHAGI CYCLEに入った途端に、ぷくが叫んだ。

「あ!あった!」と。

なーんと、入り口すぐのところに、オペラ・カラバッジオの赤が鎮座している。
そりゃぁ、かっこいい自転車でした。
サドルもハンドルもブラウンの革製ですし、フレームの赤の色も落ち着いていて、
大人の街乗りにはちょうど良いくらいの感じ。
更に、店員さんが来てくれて説明してくれる中には、
この自転車に対するものすごい愛情を感じたのでした。
「通勤や街乗りならいいですよ」「ママチャリよりずっと楽ですよ」
「びっくりするくらい楽しく走れますよ」…と。
同じモノを買うのでも、その商品に愛情を持った人から買うのと、
そうでない人から買うのとでは、やっぱり前者を選びたいと思うのは必然。

ということで、きくちゃんも決裁を下ろしました!

色々とメンテナンスしてもらって、
自転車そのもの以外にも必要な小物もそろえてもらって、
納車の予定は約1週間後です。
お天気であれば、ぷくが小牧から自宅まで、乗って帰ってくる予定です。
さぁ、これでぷくのメタボな体におさらばできるのか!?
怖くもあり、楽しみもあり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)